Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Twitter、Twitter API v1.1でのAPI利用ルール変更を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/08/17 11:57

 Twitterは、数週間中に提供開始を予定しているTwitter API Version 1.1において、利用ルール変更の具体的な内容を17日に発表した。なお、現在提供中のv1.0からv1.1への移行期間は、v1.1利用開始より6か月の予定。

 主な変更内容は、

  • すべてのAPIエンドポイントの承認
  • エンドポイントごとのレートリミット方式の採用

で、Twitterクライアントなどの開発者に対するルール変更も予定している。

 「すべてのAPIエンドポイントの承認」については、現在のv1.0では一定のAPIエンドポイントまでであれば、承認を得ることなく利用可能だったところを、v1.1ではエンドポイントを問わず、すべてのAPI利用に対して承認が必要になる。現在OAuthを利用している場合は、v1.0の認証トークンをそのまま引き継ぎ、OAuthを利用していない場合は2013年3月までにアプリケーションを更新しなければならない。

 「エンドポイントごとのレートリミット方式の採用」については、v1.0では情報のタイプを問わずリクエスト限度を1時間あたり350コールとしていたが、v1.1ではAPIのエンドポイントごとにレートを採用する。新たに採用するレートでは、基本のAPIエンドポイントは1時間に60コール以内、ツイート表示やユーザー検索などより大きなボリュームのエンドポイントを必要とするアプリケーションは1時間あたり720コールまで、としている。

 Twitterクライアントなどの開発者ルールの変更では、従来の「ディスプレイガイドライン」を、@ユーザー名やリツイート、返信、お気に入りなどのアクションをはじめ、アプリケーション上にツイートを正しく表示しなければならないという、「ディスプレイに対する必要条件」とする。

 また、モバイルデバイスやSIMカード、チップセットなどにインストールするクライアントアプリケーションはTwitter側の承認が必要となり、100万以上のトークンを必要とするアプリケーションを開発する場合も、Twitter側へ連絡する必要がある。


【関連リンク】
Twitter

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5