CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

速習 Unity 2Dゲーム開発
~第4回 キャラクターのジャンプ

速習 Unity 2Dゲーム開発 第4回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/17 14:00
目次

スクリプトの修正

 CharactorManagerスクリプトを以下のように修正します。

キャラクターがジャンプ中かを判定する
public class CharactorManager : MonoBehaviour {

    private bool _isJumping;

    public bool isJumping
    {
        get { return _isJumping; }
    }
    

    // Use this for initialization
    void Start () {
    
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {

    }

    /// <summary>
    /// 接触した(=着地)
    /// </summary>
    /// <param name="col"></param>
    public void OnCollisionEnter2D(Collision2D col)
    {
        this._isJumping = false;
    }

    /// <summary>
    /// 接触状態から離れた(=ジャンプ開始)
    /// </summary>
    /// <param name="col"></param>
    public void OnCollisionExit2D(Collision2D col)
    {
        this._isJumping = true;
    }
}

 OnCollisionEnter2DとOnCollisionExit2Dという2つのメソッドが新しい要素として登場しました。

 OnCollisionEnter2Dは、GameObject(今回の場合charactor)が別のGameObjectと接触した際に呼び出されます。OnCollisionExit2Dは、逆にキャラクターが離れた場合に呼び出されます。

 別のGameObjectと接触した際(OnCollisionEnter2D)に床の上にいると判定し、_isJumpingプロパティをfalseに設定します。GameObjectから離れた際にジャンプ中と判断して_isJumpingをtrueに設定します。

GameManager側の修正

 続いてGameManagerスクリプト側を以下のように修正します。

GameManagerでCharactorManagerを参照する
public class GameManager : MonoBehaviour {

    private GameObject _charactor;
    private CharactorManager _charactorScript;

    // Use this for initialization
    void Start () {
        // キャラクターを取得する
        this._charactor = GameObject.Find("charactor");

        // キャラクターのスクリプトを取得する
        this._charactorScript = this._charactor.GetComponent<CharactorManager>();
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {
        Debug.Log(this._charactorScript.isJumping);

        // 左右のキーで左右に移動
        float horizontal = Input.GetAxis("Horizontal");

        this._moveCharactor(Vector2.right * 10f * horizontal);

        // スペースキーでジャンプ
        if (Input.GetKeyDown("space"))
        {
            this._moveCharactor(Vector2.up * 400f);
        }
    }

    /// <summary>
    /// キャラクターを移動させる
    /// </summary>
    /// <param name="force">移動させる方向と値</param>
    private void _moveCharactor(Vector2 force)
    {
        this._charactor.rigidbody2D.AddForce(force);
    }
}

 キャラクターに関連づけたスクリプト(CharactorManager)はGetComponent<CharactorManager>();という呼び出しによってGameObjectから取得できます。

 今回は値の確認にDebug.Logメソッドを利用しています。Debug.Logメソッドを利用すると、以下の画像のようにConsoleウィンドウに値を出力することができます。

コンソールで値の確認を行う
コンソールで値の確認を行う

 最後に、ジャンプ時にはスペースキーを押しても上昇する力を加えないように、GameManagerスクリプトのUpdateメソッドを以下のように書き換えます。

ジャンプ中はスペースキーを無効に
void Update () {

    // 左右のキーで左右に移動
    float horizontal = Input.GetAxis("Horizontal");

    this._moveCharactor(Vector2.right * 10f * horizontal);

    // スペースキーでジャンプ
    // ジャンプ中はスペースキーが押されてもさらに上昇しない
    if (Input.GetKeyDown("space") && this._charactorScript.isJumping == false)
    {
        this._moveCharactor(Vector2.up * 400f);
    }
}

 これでキャラクターが思った通りにジャンプを行うようになりました。

まとめ

 今回はキャラクターがキー入力を取得する方法と、ジャンプの判定、コンソールへのデバッグ出力の方法を紹介しました。

 これで基本的なキャラクターの移動処理は実装できましたが、移動しても向きが変わらなかったり、ジャンプ中もキャラクターが同じ画像のままです。次回はキャラクターを動きに合わせてアニメーションさせる方法を紹介します。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:速習 Unity 2Dゲーム開発

もっと読む

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5