Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual StudioとMicrosoft Azureで楽々クラウド開発

さらに使いやすく便利になった「Visual Studio」を始めよう! 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/19 14:00

 Microsoftの統合開発環境「Visual Studio」には、Microsoft Azure拡張機能が提供されており、これらを利用するとVisual StudioからシームレスにMicrosoft Azureを利用したクラウドアプリケーションを開発できます。本稿では、このVisual StudioとMicrosoft Azureとの連携について解説していきます。

目次

対象読者

 今回の対象読者は下記のとおりです。

  • Visual Studioを使う開発に興味のある方、開発を行っている方
  • Microsoft Azure上で提供するサービス開発に興味のある方

必要な環境

  • Visual Studio Community 2013、または他エディション
  • Microsoft Azureサブスクリプション

Microsoft AzureとVisual Studio

 Microsoft Azure(当時はWindows Azure)がサービスインして以来、Visual Studioには一貫してMicrosoft Azure対応の拡張機能が提供されてきました。

 当初のVisual Studio 2008では、クラウドサービス(PaaS)向けのMicrosoft Azureアプリケーション作成、デプロイ機能程度しかありませんでしたが、現在ではVisual Studio 2013です。この間に、仮想マシン(IaaS)やWebサイトといったMicrosoft Azureの機能拡張が行われるたびに、併せてVisual Studioでも対応する機能が拡充され続けており、開発者にとって便利なツールとなっています。

 Microsoft Azureへの操作は、ブラウザーベースの管理ポータルやPowerShellから行うのが一般的ですが、Visual Studioを利用すると、開発中のアプリケーションとシームレスに連携できます。Visual StudioからアクセスできるMicrosoft Azureの機能は以下のとおりです。

  • 仮想マシンの作成、管理、削除
  • クラウドサービスの作成、削除
  • Webサイトの作成、管理
  • SQL Databaseへの接続
  • HDInsightの管理
  • 通知ハブ、サービスバスへの接続、操作
  • Azureストレージ(BLOB、テーブル、キュー)の作成、管理、削除

 このうちあまりなじみのないHDInsight、通知ハブ、サービスバスにについて補足しておきます。「HDInsight」とはHortonworks社が提供するHadoopディストリビューションです。Microsoft Azure上でHadoopを利用したビッグデータ解析などが行えます。「通知ハブ」は、iOS/Android/Windowsなどのデバイスへのプッシュ通知の送信、「サービスバス」は、信頼性の高いキューなどのメッセージング処理基盤を提供するSaaSです。

 各機能によってVisual Studioからサービスの作成、管理、削除までできるものもあれば、サービスに接続して管理のみしか行えないものもあります。

環境の設定

 必要な環境と入手方法について簡単に説明します。

Visual Studioを入手する

 MSDNサブスクリプションをお持ちであれば、プランに応じて常に最新版のVisual Studio がダウンロード可能です。それ以外の方は、以下のリンクから無料のCommunity版を入手可能です。これは、2014年11月13日に発表されたばかりの新しいエディションで、従来のExpress版に代わるものです。Professional相当の機能が無償(注1)で利用可能です。ダウンロード後、PCにインストールしてください。

 詳細なライセンスは、Webページから確認してください。また、執筆時点では英語版のみのダウンロードですが、言語パックを追加インストールすることで日本語化が可能です。

Microsoft Azureサブスクリプションを契約する

 MSDNサブスクリプションをお持ちであれば、プランに応じて最大15,500円分の無料利用特典があります。詳細は以下を参照してください。

 それ以外の方でも、1か月の無料評価版が利用できます。すべての機能を利用でき、なおかつ約20,000円分までの課金分が無償で利用できます。Microsoft Azureサブスクリプションを契約するには、マイクロソフトアカウントが必要です。お持ちでない場合は、「Microsoftアカウント登録手続き」からアカウントを作成してください。

 マイクロソフトアカウントを取得した後に、「Microsoft Azureサブスクリプション申し込み Step by Step」を参考に、サブスクリプションを申し込んでください。特に課金枠を外す操作をしなければ、無償枠をオーバーして課金されることがないため、心配ありません。

Microsoft Azure連携機能

 Visual StudioからMicrosoft Azureと連携するためには、拡張機能のインストールが必要です。拡張機能はWeb Platform Installerとよばれる、マイクロソフトが提供する統合インストーラーから行えます(図1)。

図1 拡張機能のインストール画面
図1 拡張機能のインストール画面

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:さらに使いやすく便利になった「Visual Studio」を始めよう!
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5