Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、Windows 10 IoT Core上でNode.jsを利用可能にする取り組みについてブログで解説

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/13 16:25

 米Microsoftは、Raspberry Pi 2とインテルのMinnowboard MaxをサポートしたWindows 10 IoT Core上で、Node.jsの利用を可能にする取り組みや、Node.jsを使用した開発環境を構築するための手順を、5月12日(現地時間)付の開発者向けブログ「Building Apps for Windows」で紹介している。

 Windows 10は、従来のPCなどのデバイスに加えて、Raspberry Pi 2とインテルのMinnowboard Maxをサポートした、Windows 10 IoT Coreによって「モノのインターネット」にも対応する。

 一方で、これまでARMプロセッサ上のWindows(WoA)では、IoT向け開発に適したNode.jsが利用できなかった。そこで、MicrosoftではWindows 10にChakra JavaScriptエンジンを組み込み、WoAにおけるNode.jsの利用を可能にする。

 なお、Windows 10によるNode.jsのサポートは、現時点ではまだ開発の初期段階で、Chakra JavaScriptエンジンと「Node.js v0.12」のコードを使用したV8 APIのホスティングによるJSRT APIラッパーの開発を目指している。

 GitHubで公開している最新のコードでは、Windows 10が動作するすべてのデバイスで、Node.jsがクラシックWindowsアプリケーションとして動作するとともに、ユニバーサルWindowsアプリケーションの内部でホストできる。また、Node.jsアプリからUWP APIの全ての機能にアクセス可能で、Windows 10上のVisual Studioにおける、Node.jsアプリのデバッグを実現している。

 現段階では、Windows 10の動作するすべてのデバイスでNode.jsを利用した開発を実現するだけでなく、クラシックWindowsアプリとして利用するか、ユニバーサルWindowsアプリとして利用するかを選択できる。

 Microsoftでは、将来的にNode.jsの技術委員会であるNode Foundationや、io.jsのコントリビュータ、およびコミュニティと連携して、これまでNode.jsを利用してきた開発者に対して、Node.jsのホスティングAPIにとらわれない、JavaScriptエンジン開発のための議論を行いたい、としている。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
「Bringing Node.js to Windows 10 IoT Core」(英語、「Building Apps for Windows」ブログ記事)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5