Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

将来もWeb開発で活躍するために、全体を見通す力を。『絵で見てわかるWebアプリ開発の仕組み』刊行

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/17 08:00

 8月17日、翔泳社では複雑多様化し、分業が進んだWebアプリ開発の全体像を解説した『絵で見てわかるWebアプリ開発の仕組み』を刊行しました。いまや自分の担当領域以外は知らずとも仕事ができ、ライブラリやフレームワークの利用で技術のブラックボックス化も進んでいます。ですが、Web開発者としてキャリアアップを目指すなら、全体像を知っておくことが不可欠なのです。

 アプリといえばスタンドアロン(デスクトップ)アプリケーションだった時代も今は昔。ネットワーク・通信を介して提供されるWebアプリやWebサービスが当たり前になり、複雑な処理も可能になりました。需要と必要は拡大し、今後も成長・進歩し続けるのは間違いありません。

 翔泳社が8月17日(金)に刊行した『絵で見てわかるWebアプリ開発の仕組み』では、そんなWebアプリ開発の仕組み・全体像を、フロントエンドとバックエンドの両サイドから解説しています。

 ゲームやSNSはもちろん、オンラインバンクやECサイトなどWebアプリ・サービスでさまざまなことができるようになると同時に、それらを実現するために開発者の分業も進みました。いまではフロントエンドとバックエンドに大きく分かれ、それぞれの開発者は担当しない領域の技術をあまりよく知らない現実も見受けられます。

 ですが、開発者として今後も長く活躍したり、業界でキャリアアップを目指したりするのであれば、どちらかのサイドだけで知識と技術を磨き続けるだけでは足りないのです。なぜなら、上に立つ人はプロジェクト全体を俯瞰し、どこで誰が何を行なっているのかを把握しなければならないからです。フロントエンドでしか開発したことのない人が、バックエンドで発生したミスにどれほど適切に対処できるでしょうか。

 本書はいままさに現場で作業をしている方にとって、すぐに役立つものではないかもしれません。しかし、数年後を見越してキャリアを築こうと考えている方には、できるだけ早く読んでおいていただきたい1冊です。自分で一から十までWebアプリ開発をしたいと考えている方にもおすすめです。

絵で見てわかるWebアプリ開発の仕組み

Amazon /  SEshop / その他

絵で見てわかるWebアプリ開発の仕組み
著者:松村慎、大久保洋介、武田智道、清水紘己、扇克至、里吉洋一、本末英樹
出版社:翔泳社
発売日:2015年8月17日
定価:2,280円(税別)

目次

  • 第1章 Webアプリとは
  • 第2章 Webアプリの開発
  • 第3章 バックエンド開発の環境構築
  • 第4章 フロントエンド開発の環境構築
  • 第5章 サーバーサイドプログラムの実装例(PHP編)
  • 第6章 サーバーサイドプログラムの実装例(Node.js編)
  • 第7章 クライアントサイドプログラムの実装例
  • 第8章 運用管理
  • 付録 ネットワーク基礎概論

 



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。 Twitter@tiktakbeam

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5