Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ASP.NET 5+AngularJSでトレンドなSPAアプリを開発しよう!

あらゆるソフトウェア開発者のサポートを目指す開発ツール「Visual Studio 2015」特集 第4回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/17 14:00

 SPA(Single Page Application)の流行によって、Webアプリ開発に占めるJavaScriptの存在感は増しています。本稿では、Visual Studio 2015(ASP.NET 5)で強化されたJavaScript開発のための諸機能/ツールを、具体的なサンプルアプリを実装しながら解説していきます。

目次

はじめに

 「SPA(Single Page Application)」とは、その名のとおり、単一のページで構成されるWebアプリのこと。初回のリクエストでは、ページ全体を応答しますが、以降はJavaScriptによって必要な部分だけを更新します。JavaScriptだけでは実現できない――例えば、データベースの取得/更新は、Ajax/WebSocketなどの通信技術によって賄います。

SPA(Single Page Application)とは?

SPA(Single Page Application)とは?

 SPAは、デスクトップアプリによく似た、直観的で敏速な操作性を提供できることから、近年、にわかに注目を浴びています。すでにFacebook、Twitterなどの主要なサイトが、いわゆるSPA技術に対応していることからも、SPAは一時の流行にとどまらず、今後、Webアプリを開発していく上で基本的な――ごく当たり前のアプローチになっていくものと思われます。

 Visual Studio 2015(ASP.NET 5)では、こうしたSPA(フロントエンド)開発を効率化するために、npm(Node.js)をはじめ、Grunt/Gulp、Bowerなどのツールに標準で対応しています。以前はNuGet+System.Web.Optimization名前空間というASP.NET(.NET Framework)独自の仕組みでJavaScriptライブラリ/スタイルシートを管理していたものが、デファクトスタンダードなツールで開発できるようになったわけです。

 以前のASP.NETを知っていた人にとっては、新たなツールを学ばなければなりませんが、長期的な視点では、開発プラットフォームを問わず、共通のツールで開発できるのはメリットとなるでしょう。また、他のプラットフォームで開発してきた人にとっては、一層、ASP.NET導入のハードルが低くなったことも意味します。

 本稿では、これらのツールをVisual Studio 2015(ASP.NET 5)で導入/利用する手順を、具体的なサンプルアプリとともに解説します。

対象読者

  • ASP.NET MVC/ASP.NET Web APIの基本的な開発手法を理解している方
  • リッチなフロントエンド開発を効率化したいと思っている方

必要な環境

 本連載では以下の環境でサンプルを実行します。

Windows 10での動作

 本稿はWindows 8の環境で執筆しておりますが、Visual Studio 2015はWindows 10での開発を想定して作成されていますので、Windowsのルック&フィールは異なるもののWindows 10でも実行可能です。

本稿で作成するサンプルアプリ

 本稿では、以下のような記事情報を参照/更新するアプリを開発します。

本稿で作成するサンプルアプリ
本稿で作成するサンプルアプリ

 ただし、本稿では、紙面の都合上、サーバーサイド領域の解説は割愛します。詳細なコードについては、ダウンロードサンプルを参照してください。また、ASP.NET Web APIについては「ASP.NET Web API入門」を、データベースアクセスについては「ADO.NET Entity Framework入門」などの記事を併せて参照することをお勧めします。

 以下では、クライアントサイド領域にフォーカスして、解説を進めていきます。クライアントサイドでは、以下の図のようなライブラリ/ツールを使っています。解説を読み進めるにあたって、それぞれの関係をおさえておきましょう。

クライアントサイドでのライブラリ/ツールの関係
クライアントサイドでのライブラリ/ツールの関係

統合されたASP.NET 5の諸機能

 ASP.NET 5のプロジェクトテンプレートを選択すると、[フォルダーおよびコア参照を追加する]のチェックが無効になっていることに気づくかもしれません。これは、ASP.NET 5では、従来、独立したフレームワークであったASP.NET MVC、Web API、Web Pagesが1つのフレームワークとして統合されたためです(個別に参照を追加する必要がありません)。

[新しいASP.NETプロジェクト]ダイアログ
[新しいASP.NETプロジェクト]ダイアログ

 これまではページ開発ではASP.NET MVC、サービス開発ではASP.NET Web APIと、個々に学習しなければならなかったものが、ASP.NET 5では、いよいよ1つのAPIのもとで、区別なく開発を進められるというわけです。SPAの世界では、ページ/サービス開発は併存するのが当たり前になってきますので、双方の実装が統一されることで、より開発がスムーズになるでしょう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト(ウイングスプロジェクト)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:あらゆるソフトウェア開発者のサポートを目指す開発ツール「Visual Studio 2015」特集
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5