CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エクセルソフト、PDF変換エンジン「ActivePDF WebGrabber 2016」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/10 14:35

 エクセルソフトは、米ActivePDFのサーバサイドPDF変換エンジン「ActivePDF WebGrabber 2016」を、6月10日に発売した。税別の1サーバライセンスは352000円。

 「ActivePDF WebGrabber」は、WebページおよびHTMLからPDFへの変換に特化したAPIを提供し、URL、HTMLファイル、HTMLストリームからPDFへの動的な変換を実現するPDF変換エンジン。CGI、ASP、JSPをはじめ、シンプルなHTMLに対応するほか、PDF/AおよびPDF/XのPDF ISO規格に準拠したPDFの出力が可能で、AES暗号化にも対応する。

 今回発売する「ActivePDF WebGrabber 2016」では、選択したHTMLのヘディングから、しおりを自動的に作成できるようになったほか、HTMLの「a」エレメントのhref属性からリンクを自動生成する機能の追加、ネイティブエンジンの改善による出力PDF品質の向上が行われた。

 対応OSは、Windows Server 2012 R2/2012/2008 R2/2008。


【関連リンク】
エクセルソフト
「ActivePDF WebGrabber」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5