SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集(PR)

コーディング機能やデバッグやテストの機能が大幅パワーアップ! 次期バージョン「Visual Studio 2017 RC」

最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集 第2回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月に米Microsoftによって開催されたオンラインイベント「Connect(); // 2016」で、次期バージョン「Visual Studio 2017(コードネーム:Visual Studio "15")」のリリース候補版が発表されました。本連載では、プレビュー版/リリース候補版をとおして、Visual Studioの新たな魅力をいち早く解説します。今回は、プログラマーにとってうれしい、コーディングやデバッグを助ける新機能にフォーカスを当てます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対象読者

  • Visual Studioを使ったアプリケーション開発に興味がある方

Visual Studio 2017 RC

 前回の記事『インストール時の速度と容量が劇的に改善! 多目的で気軽に導入しやすい次期バージョン「Visual Studio "15"」』では、マイクロソフトの統合開発環境「Visual Studio」の次期バージョンについて、新しくなったさまざまな点が紹介されました。新しくなったインストーラー、新たなスタートページ、C# 7.0(C#の次期バージョン)、拡張機能マネージャーのローミング、スタイルアナライザーなどです。インストールや起動に関してずいぶんと速度が改善され、また、多くの便利な機能が追加されたことが分かります。

 その後、11月16日~18日に米Microsoftによって開発者向けのイベント「Connect(); // 2016」が開催され、「Visual Studio 2017 RC(Release Candidate:リリース候補版)」が発表されました。これまで、「Visual Studio "15"」と呼ばれていたものです。

 現在、Visual Studio 2017 RCは次のWebページからダウンロードして試すことができます。

図1. Visual Studio 2017 RCのスタート画面
図1. Visual Studio 2017 RCのスタート画面

 前回の記事の内容に加えて、さらにさまざまな改良が行われています。

 今回は、多くの改良点の中から、特にプログラマーに嬉しいコーディングやデバッグの効率を上げてくれる便利なお薦め機能をご紹介します。

 コーディングの手を止めずにテキストエディターからすぐに使えるような、そんな心にくい新機能がいっぱいです。

次のページ
パワーアップしたコーディング機能

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小島 富治雄(フジヲ)

Microsoft MVP for C# (2005.07~)。 - 注目の MVP - Blog: プログラミング C# - 翔ソフトウェア (Sho's) - Web Site: 翔ソフトウェア (Sho's) - Twitter: Fujiwo 著書: - Windows8〔業務アプリ〕開発読本 (共著)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9861 2017/05/09 22:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング