SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集(PR)

iOS/Androidアプリの開発を支援する「Visual Studio Mobile Center (preview)」を使ってみよう

最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集 第4回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年11月にMicrosoftから、iOSとAndroidの開発を支援、管理するための、Visual Studio Mobile Centerのプレビュー版が公開されました。Visual Studioという名前がついていることから、Visual Studioなどと密接に連携することもできますが、このサービスはそれらのサービスやツールを使わない方にも非常に魅力的な機能を提供しています。今回は、このVisual Studio Mobile Centerがどのような機能を持っているのか、また、どのようにシーンで利用できるのかを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対象読者

  • スマホアプリ(iOS/Andoroid)の開発者
  • スマホアプリの企画者、テスターなどの関係者
  • スマホアプリをリリースしているサービス事業者

Visual Studio Mobile Centerとは

 スマホアプリの開発をしていると、現場ではさまざまな問題にぶつかります。

 まず、最初にぶつかる問題がアプリの実機へのインストールです。特に開発者がアプリのリリース元と異なる場合には問題はより大きくなり、アプリのプロビジョニング(アプリへの署名)などを開発者以外が行う必要が出てきます。そして、Androidの場合であれば、さまざまな機器での動作確認が必要です。そして、リリース後でも、頻繁に更新されるOSのバージョンアップへの対応のビルド環境を用意するなど非常に苦労が多いのがスマホアプリの開発・運用になります。

 Visual Studio Mobile Centerはスマホアプリのテストから実際の運用までで必要となるこれらの問題を解決できる、以下の機能を備えています。

  • Build (アプリのビルド機能)
  • Test (約400機種とアプリテストツールを使っての自動テスト)
  • Distribute (テスターへのアプリの配布)
  • Tables (Microsoft AzureのモバイルEasy Tablesと連携した機能の提供)
  • Identity (FacebookやGoogle+などのソーシャルアカウントと連携したユーザ認証機能の提供)
  • Crashes (アプリの不正終了などのレポート情報を収集する機能)
  • Analytics (アプリの利用状況・アクセス状況などのレポート機能)

 これらの機能を利用する各管理の工程のイメージが図1です。

図1 各機能の利用工程図
図1 各機能の利用工程図

 Build、Test、Distributeまでは、アプリを配布するまでの工程を管理します。そして、Analyticsではアプリの利用状況が把握できるので、実際のサービスがどのように使われているのかや、今後、どのように改善していけば良いかを検討するために必要な情報が得られることでしょう。

 また、Crashesでは、アプリが不正終了してしまった場合にそのクラッシュレポート情報の収集が可能になります。リリース後に実際に問題が生じてしまった際に役立つことでしょう。

 ここまでの機能はアプリ開発や管理の各工程を管理するための機能でしたが、TablesとIdentityはMicrosoft Azureサービス――モバイルバックエンドサービスとの連携機能を提供します。従って、Microsoft Azureのサブスクリプションがないと利用できません。Microsoft Azureサービスと連携が前提で、モバイルバックエンドサービスで提供されている機能はこれだけではありませんが、よく利用される機能ということで、このMobile Center内でコントロールできるようになっているのではないかと思われます。

次のページ
使う前の準備

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト 小林 昌弘(コバヤシ マサヒロ)

WINGSプロジェクトについて>有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト 秋葉 龍一(アキバ リュウイチ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/10095 2017/05/29 15:31

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング