CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【12/22開催】「プロダクトマネジメントの“罠”を回避しよう」ウェビナー登録フォーム

本ウェビナーについて

 ProductZineウェビナーはPMとして、あるいは同等の役割でプロダクトにかかわり、現場で奮闘している皆さんに送るウェビナーです。

 第5回となる今回のテーマは、「プロダクトマネジメントの“罠”を回避しよう」。

 『プロダクトマネジメント――ビルドトラップを避け顧客に価値を届ける』の訳者である吉羽龍太郎氏にご登壇いただきます! DevOps、アジャイル開発、組織改革にまつわるコンサルティング・トレーニングを提供する専門家の視点から、プロダクトマネジメントに必要な考え方について語っていただきます。

「プロダクトマネジメントの“罠”を回避しよう」内容

 皆さんは、自社のプロダクトマネジメントにおいて、機能の開発とリリースに集中してしまっていませんか。アウトプットで問題を解決しようとする前に、顧客の本当の課題が分かっていますか。

 実際に生み出された価値ではなく、機能の開発とリリースに集中してしまっている状況や、アウトプットで成功を計測しようとして行き詰まっている状況を「ビルドトラップ」と言います。

 本ウェビナーは、プロダクトづくりにおいて起きがちなこの問題を中心に、プロダクトマネジメントにおいて重要な考え方をお届けします。

 どうすればこの陥りやすい罠を避けられるのか、プロダクトが生み出す価値に集中できるのかについて考えてみましょう。

 参加対象は、これからプロダクト中心の組織を作っていきたい開発者、現在のプロダクトマネジメントが上手くいっていないと感じているプロダクトマネージャーなど、プロダクト開発をよりよくしたいすべての方です。

 なお、参加受付は先着順(定員400名)とさせていただきます。参加には事前の登録が必要です。

開催概要

  • 日時:2020年12月22日(火)19時~20時10分
  • 会場:オンライン開催(Zoom)
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 参加対象:プロダクトマネジメントを学びたい人、プロダクトマネージャーおよびそれを目指す人等
  • 定員:400名(先着順)
  • 申し込み方法:以下のフォームより記入

登壇者

  • 吉羽龍太郎氏

 

「個人情報取り扱い方針」について

 お申し込みの前に以下の利用規約をご一読ください。

 ProductZineウェビナー(以下、本イベント)にご興味を持っていただき、誠にありがとうございます。本イベントの参加登録者は以下に記載されたすべての条項に同意し、それに従うことを承諾していただいたものとします。なお、本規約に同意・承諾いただけない場合は、本イベントに参加することはできません。予めご理解の程よろしくお願いいたします。

(1)個人情報保護ポリシー

 本イベントへの登録にあたり、お客様の個人情報についてご記入いただきます。記入された個人情報は、翔泳社の個人情報保護のポリシーの下に厳密に保護されます。翔泳社の個人情報保護ポリシーについては、こちらをご覧ください。

(2)個人情報収集の目的

 本イベントの登録プロセスで収集されたお客様の個人情報は、本イベントに関するご連絡のために利用されます。

 上記目的以外の個人情報の利用はありません。その他、本イベントの登録情報に関するお問い合わせは以下へご連絡ください。

  • ProductZineサポートアドレス(CodeZine編集部内):pz-support@codezine.jp

※このアンケートは、会員の方のみご回答いただけます(登録無料)。


*ご自身の肩書にもっとも近いものをお選びください。
*こちらはセッション内容の参考にさせていただきます。

*は、必須項目です。

ProductZine読者会員(無料)募集中

 「ProductZine」では、読者会員を募集しています。「ProductZine」は、CodeZine内に今年6月にオープンした、プロダクト開発の事例やアイデアをお届けするWebメディアです。

 ご登録いただくと、すべての記事を閲覧制限なくお読みいただけるほか、第2・4月曜日にプロダクト開発のホットトピックをメルマガでお届けします。

  • CodeZineおよびProductZineの会員登録はこちら
  • すでにCodeZine会員の方はこちらからProductZineのメルマガを追加いただけます
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5