Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「デブサミ2011セッションレポート」連載一覧

16~29件(全29件)
  • 5796_t.jpg
    2011/03/15

    デブサミ2011レポート .NETアセンブリの宿命

     マイクロソフトの近藤和彦氏とエージーテックの岩沢宏美氏のセッションでは、最新のVisual Studio 2010の注目ポイントが紹介され、同時に.NETアプリケーションなどにおけるリバースエンジニアリングの危険性、その対策を紹介するものになった。 ソースコードの解析を完全に阻止することはできない。しかしVisual Studio 2010にバンドルされているツールなどで難読化を行うことにより、そのハードルを簡単に上げることが可能だ。

  • title.jpg
    2011/03/15

    デブサミ2011レポート 「SQL Anywhere」で容易にデータ統合・連携し、スマートフォンをビジネスに活用

     モバイルPCに変わり、徐々にビジネスでもスマートフォンの活用場面が増えている。スマートフォンでも業務システムを利用するための仕組みを提供してい るのが、アイエニウェア・ソリューションズである。磯辺信雄氏が分散されたデータを統合する「SQL Anywhere」およびそのコンポーネントの「Mbile Link」の有用性について解説した。

  • 5805_t.jpg
    2011/03/14

    デブサミ2011レポート Windowsフォームで大丈夫か? 一番良いのを頼む。

     WPF(Windows Presentation Foundation)が登場してから約4年経つが、Windowsベースの業務アプリケーション開発におけるUI技術としては、今もなおWindows フォームが主流といえる状況だ。現在はWindowsフォームでこと足りていたとしても、WPFの採用を検討すべきなのか? 相応のコストやリスクを払っても、WPFに移行する価値はあるのだろうか? 本セッションでは、こうした疑問に対するいくかのヒントが示された。

  • 5804_t.gif
    2011/03/14

    デブサミ2011レポート 第三者作成ソースコードに埋もれている不具合を暴け!

     現在のソフトウェア開発では、外部発注やオープンソースなど第三者が作成したソースコードを混在して活用する事例が当然となっている。そのような複雑な ソフトウェアのサプライチェーンにおける不具合の検出において、有効利用できるのが、静的解析技術だ。本セッションではAndroid カーネルソースコードなどの解析結果を例にとり、現実に起こりうるコード不具合の実体と、解析ツールの活用法などが紹介された。

  • 5821_t.jpg
    2011/03/11

    デブサミ2011レポート Oracle統合後のJavaの今後について

     2010年初頭のOracleによるSun Microsystems買収は、IT業界に大きな驚きで受け止められるとともに、開発者やユーザーに1つの重大な懸念を抱かせた。「この先、Javaはどうなるのか?」。長年にわたってJavaエバンジェリストとして活動してきた日本オラクル株式会社の寺田佳央氏は、そうした心配はまったくの杞憂であり、Oracleは今後もJavaとJavaの開発者を大切に考えていくと改めて力強くアピールした。

  • title.jpg
    2011/03/11

    デブサミ2011レポート Agility@Scale実戦編 ~中間管理職の不安を払拭することがアジャイルのスケールアップには必要

     デブサミでもアジャイル関連のセッションは例年数多く企画され、実際に現場レベルでも理解や習得はすでにかなり進み、小規模な開発では実践や試行も進められている。次の課題はアジャイル開発のスケールアップ。そこで現れるのが「管理職」という新たな壁である。このセッションでは、日本アイ・ビー・エム株式会社の畑秀明 氏が、アジャイル開発のスケールアップにおいて、中間管理職が取るべき6つの作戦について解説した。

  • title.jpg
    2011/03/10

    デブサミ2011レポート Smartphone X-Platform 開発

     各サービスで急ピッチで進んでいるスマートフォン対応。異なるOS間で効率的にアプリケーション開発を実現するための技術開発も併行して進みつつある。DeNAのngCore、Flashプラットフォーム、AppceleratorのTitanium Mobile。それぞれの技術に長けた3名がそれぞれの技術について目的や現状、これからの目標などについて講演を行い、意見交換や質疑応答を行った。

  • title.jpg
    2011/03/10

    デブサミ2011レポート Webアーキテクチャの歴史と未来

     マスコミ的役割から、ブログを経てソーシャル、リアルタイムへと、めざましく変化してきたWebのトレンド。その変遷と技術的トレンドについて考察を行ないながら、Palm OS 用ウェブブラウザやメッセージキュー「Q4M」などで知られる奥一穂 氏が、”個人的経験”を基に、現在の課題と将来の方向性について語った。

  • 5799_t.jpg
    2011/03/09

    デブサミ2011レポート DeNAの実装技術を紹介! 大規模Webサービスのためのデータベース技術の現在・未来

     「モバゲータウン」を中心に、急成長し続けている株式会社DeNA。そのバックヤードでは、膨大数のDBサーバを安定稼働し、高速化を図り、運用を効率化するために、様々な取り組みが行なわれている。はたして、どのような指針のもと、どのような対応がなされているのか、同社統括本部 IT基盤部の松信嘉範氏が「優先順位の考え方とそれに伴う対応策」について語った。

  • 5794_t.jpg
    2011/03/09

    デブサミ2011レポート 数十~数百億PVのトラフィックをさばく、ソーシャルアプリのインフラ現場の実情

     モバゲータウンなど、Feature Phone向けの人気ソーシャルアプリケーショーションは、月間数十~数百億PV(ページビュー)もののトラフィックがある。それらを支えるインフラの現場で働く技術者たちは、どのような手法を用いてトラフィックをさばいているのか。4人の現場エンジニアがパネラーとなり、現状のシステム構成やクラウドの 可能性について、さらには今後の展望などについて語った。

  • title.jpg
    2011/03/08

    デブサミ2011レポート 世界へ挑むDeNAの「X-border」「X-device」戦略

     Mobile Future Conferenceと題されたAトラックの第一セッションには、株式会社DeNAの代表取締役社長 南場智子氏が登壇。DeNAの成長の軌跡を紹介するとともに、将来の展望やエンジニアへの期待について語った。また後半では、同社取締役 兼 COOの守安功氏が具体的な施策について説明し、デモンストレーションを行った。

  • 5797_t.jpg
    2011/03/07

    デブサミ2011レポート Flexでサクっと作れ!Androidアプリ開発のススメ

     2011年上半期に正式リリース予定とされる次期バージョンのFlash BuilderおよびFlex SDKでは、Androidをはじめとしたモバイル向けのAIRアプリケーション開発機能が大幅に強化されるという。アドビシステムズの轟 啓介氏は、実際にそれらのプレビュー版を使いながら、従来のAndroidアプリケーション開発における課題を解決するFlexフレームワークの新機能を 中心にプレゼンテーションを行った。

  • 5793_t.jpg
    2011/03/04

    デブサミ2011レポート Expression Blend + SketchFlowで始めるRIA開発

     Expression Blendは、マイクロフトのRIAプラットフォームであるWPFやSilverlight向けのUI設計・デザインツールだ。最新版の Expression Blend 4では、プロトタイピング機能の強化やWindows Phone 7のサポートなど、さらなる進化を遂げている。日本マイクロソフトの大西彰氏は豊富なデモを交えながら、その代表的な機能やユーザーエクスペリエンスを考 慮したRIA開発のポイントなどを紹介した。

  • 5792_t.jpg
    2011/03/03

    デブサミ2011レポート いまだからこそALM ―「人・プロセス・ツール」

     アプリケーションがビジネス価値の強化に欠かせない存在となっている今、そのライフサイクルをマネジメントするALM(Application Lifecycle Management)が世界中で注目されている。2月17日~ 18日の両日に目黒雅叙園(東京・目黒)にて開催された「Developers Summit 2011」(主催:翔泳社)での日本マイクロソフト 長沢智治氏の講演は、従来はツール中心に語られがちだったALMの本質を明らかにし、企業ビジネスのアジリティ向上、技術の進化に対応したAL...

16~29件(全29件)
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5