CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、Cloud Shell Editorの新バージョンを公開、クラウドネイティブ開発などが可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/05 08:00

 米Googleは、「Cloud Shell Editor」の新バージョンを、10月30日(現地時間)にリリースした。

 Cloud Shellは、Webブラウザから直接クラウドリソースへのコマンドラインアクセスを提供するもので、新バージョンはide.cloud.google.comにてプレビュー利用が可能で、Eclipse Theia IDEプラットフォームを搭載している。

 新バージョンでは、クラウドコードプラグインサポートによるクラウドネイティブ開発や、Go/Java/.Net/Python/Node.jsをサポートしており、統合されたソース管理や複数プロジェクトのサポートなどが追加された。

 Cloud Shell Editor開発VMには、Kubernetesおよびサーバレス用のローカルエミュレータ、およびクラウドネイティブアプリを操作するためのコマンドラインツールが用意されている。

 なお、Cloud CodeはCloud Shell Editorをサポートするよう拡張されており、統合されたKubernetesとCloud Runの開発およびデバッグ環境が提供されるとともに、minikube、Skaffold、Buildpacks、Jibといったコンテナツールが内部で統合され、ローカルエミュレータと継続的なフィードバックによって、ローカル開発を高速化する。また、統合されたAPIエクスプローラによって、Google APIをアプリケーションへ簡単に組み込める。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5