CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本語での受講が可能なトレーニングコース「Kubernetesとクラウドネイティブ基礎」が提供開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/04/22 10:00

 The Linux Foundation Japanは、Kubernetesとクラウドネイティブアーキテクチャの基礎知識について学習するトレーニングコース「Kubernetesとクラウドネイティブ基礎(LFS250-JP)」の提供を、4月21日に開始した。

 同コースは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)とLinux Foundationが共同開発し、2021年11月に提供が開始された「Kubernetes and Cloud Native Essentials(LFS250)」の日本語版となる。

 クラウドネイティブ技術とコンテナオーケストレーションの世界にはじめて触れる開発者および開発志望者、管理者、アーキテクト、マネージャーを対象にしており、クラウドネイティブ技術を活用した事業の拡大や転換にともなう、人材の確保に対処するための、既存の従業員のリスキリングおよび状況の確認にも役立つ。

 同コースでは、クラウドネイティブ技術の概要について解説した後に、コンテナオーケストレーションについて詳しく学習する。受講者は、Kubernetesのハイレベルなアーキテクチャについて学び、コンテナオーケストレーションの課題、分散環境におけるアプリケーションのデリバリおよび監視方法について理解を深める。また、コンテナオーケストレーションがレガシー環境とどのように異なるかなどについても説明する。

 おもな受講対象は以下の通り。

  • Kubernetes/クラウドネイティブ技術初歩のエンジニア
  • Kubernetes/クラウドネイティブ技術をお客様に提案する営業やSE
  • Kubernetes/クラウドネイティブ技術をマクロに理解しておく必要があるマネージャーや企業幹部

 なお、4月30日までは発売キャンペーンとして、クーポンコード「NEWLFS250-JP」を入力することで、トレーニングコースのみ、またはトレーニングコースと認定試験のバンドルの、半額での提供を行う。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5