SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

サーバーワークス、AWS資格に関する調査結果を発表 99%が「業務に役立った」と効果を実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サーバーワークスは、企業に勤める全国の20歳以上のエンジニアで、業務でAWSを利用している269名を対象に実施した、AWS資格に関する調査の結果を5月14日に発表した。同調査は、3月28日〜4月4日の期間に行われている。

 調査対象者に、取得済みのAWS関連資格を尋ねたところ(複数回答)、半数近くが何らかのAWS資格を取得しており、もっとも取得割合が高かったのは「AWS Certified Cloud Practitioner」(22.3%)だった。

 取得予定(取得に向けて勉強中、取得を検討中)のAWS関連資格を尋ねた質問(複数回答)では、約半数が何らかのAWS資格取得に向けて勉強または検討しており、「AWS Certified Solutions Architect - Associate」が最多となっている。

 AWS関連資格を取得している人、および取得に向けて準備・検討している人に、取得に向けて準備したことを尋ねたところ(複数回答)、「AWSが提供するAWS Skill Builderを活用」(47.1%)がもっとも多く、「AWSが提供するクラスルームトレーニングに参加」(41.4%)がそれに続いた。

 AWS資格を取得済みの人に、AWS資格を取得してよかったかを尋ねた質問では、「とてもよかった」と「まぁよかった」を合わせた割合が97.4%を占めている。

 AWS資格取得による効果としては(複数回答)、「業務に役立った」「スキルアップにつながった」(どちらも46.2%)が最多となり、「希望のポジションにつけた・プロジェクトに配属された」(39.5%)がそれに続いた。

 AWS資格の取得と年収の関係を調べたところ、資格取得者では年収600万円以上が53%だったのに対して、資格を取得していない人では年収600万円未満の割合が62%を占めており、資格取得者の方が高年収の割合が高いことが明らかになっている。資格取得者における年収1200〜1500万円未満の割合は、未取得者と比較して高かった。

 AWS資格の取得と副業の関係をみると、資格取得者の77.3%が副業をしており、副業も資格取得者の高年収の要因と考えられる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/19512 2024/05/16 09:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング