SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Infragistics NetAdvantageチュートリアル(PR)

アニメーションでスクロールする画像リストの実装

NetAdvantage for .NET 2008 Volume 1 日本語版の新機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のWeb開発は、次々と新しいテクノロジーやコンポーネントが登場し、ますます使い勝手がよく、見栄えのするWebページが作れるようになりました。Infragistics社のNetAdvantage for .NETも、.NET環境で動作する洗練されたUIを提供する上で便利なさまざまなコンポーネントを統合していますが、このたび「2008 Volume 1 日本語版」にバージョンアップし、新しいコントロールが追加されています。今回は、その中からWebImageViewerとWebDialogWindowコントロールを使ったWebページを作成しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WebImageViewerコンポーネントを使うと、画像のリストが横にアニメーションでスクロールする
WebImageViewerコンポーネントを使うと、画像のリストが横にアニメーションでスクロールする
WebDialogWindowコンポーネントでダイアログボックスを使うことができる
WebDialogWindowコンポーネントでダイアログボックスを使うことができる

はじめに

 最近のWeb開発は、次々と新しいテクノロジーやコンポーネントが登場し、ますます使い勝手がよく、見栄えのするWebページが作れるようになりました。

 Infragistics社のNetAdvantage for .NETも、.NET環境で動作する洗練されたUIを提供する上で便利なさまざまなコンポーネントを統合していますが、このたび「2008 Volume 1 日本語版」にバージョンアップし、新しいコントロールが追加されています。

 新しく追加されたコントロールは、Microsoft ASP.NET AJAX Extensions 1.0とASP.NET 2.0に基づいて新規に構築されたフレームワーク、「Aikido Framework」上で動作する初めてのコントロールです。業界標準に適したXHTMLおよびCSSスタイリングで、信頼性の高いWeb 2.0アプリケーションの構築を可能にします。

 今回は、その中からWebImageViewerとWebDialogWindowコントロールを使ったWebページを作成しました。

対象読者

 Visual Basic 2005以降、またはVisual C# 2005以降を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005/2008、Visual C# 2005/2008、またはVisual Studio 2005/2008でWebアプリケーションが作れる環境。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2005を使用して作成し、Windows Vistaにて動作確認を行っています。

 WindowsXP、Windows2000では、フォルダの表示などで多少記事と違った動作をする可能性があります。

 ※Microsoft Visual Basic 2008 Express Editionでは、Webページの作成ができませんので、注意してください。

  .NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

サンプルプログラム実行時の注意事項

1. Microsoft ASP.NET AJAX 1.0が必要

 今回使用する、NetAdvantage for .NET 2008 Volume 1 日本語版のWebページ用コントロールは、開発環境にMicrosoft ASP.NET AJAX 1.0がインストールされている必要があります。

 Microsoft ASP.NET AJAX 1.0がインストールされていなければ、事前にインストールしておいてください。

2. Visual StudioでサンプルWebサイトを開く場合

 Visual Studioをお持ちであれば、NetAdvantage for .NET 2008 Volume 1 日本語版トライアル版をインストールし、記事添付のサンプルコード(「mysplit_vb_src.zip」または「mysplit_cs_src.zip」)を解凍すると作成されるプロジェクトファイルを、Visual Studioで開き実行してください。

3. Visual Studioを使わずにサンプルWebサイトを開く場合

 Visual Studioを使わずに、サンプルWebサイトを直接IISなどのWebサーバで開く場合は、記事添付のサンプルコードを解凍すると作成されるプロジェクトファイルを、フォルダ構成を変えずにWebサーバにインストール・登録してください。

 以下は、Microsoft IISサーバにインストールする場合の手順です。なお、WebサーバはMicrosoft ASP.NET AJAX 1.0に対応している必要があります。

  1. プロジェクトファイルのフォルダを、そのままWebサーバーへ配置します(例:\Inetpub\wwwroot直下へ配置)。
  2. サーバーに配置したアプリケーションフォルダに対して、「アプリケーションへの変換」を実行します。
  3. 「アプリケーションの追加」ダイアログで、「アプリケーションプール」を「Classic .NET AppPool」に設定します。
  4. クライアントのWebブラウザで、Default.aspxファイルを開きます(例:http://localhost/mysplit_vb/Default.aspx)。
注意

 Windows Vistaで製品のサンプルをコンパイルしようとするとエラーが発生する場合があります。これは、Windows Vista の UAC(ユーザーアカウント制御)により、製品サンプルがインストールされているフォルダに書き込みができないため、コンパイル時にエラーが発生するという現象です。Visual Studio を管理者権限で実行するか、サンプルプロジェクト一式をアクセス権のあるフォルダに移動してからコンパイルを行うようにしてください。

 また、Webブラウザでaspxファイルを実行する際にIISサーバでエラーになる場合は、Web.configファイルに以下の1行を追加してください。

<identity impersonate="false"        />

次のページ
コンポーネントのインストール

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Infragistics NetAdvantageチュートリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

瀬戸 遥(セト ハルカ)

8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/2996 2008/09/10 13:02

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング