CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Adobe Flexのはじめの一歩を教えます(第2回)
~Flexを使ったアプリケーションを試す

「Adobe Flex Builder 3」と「Adobe LiveCycle」でRIA開発を体験

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 業務システムの開発現場では近年、RIA(Rich Internet Application)が技術要件として求められるケースが増えています。このシリーズではRIA開発のフレームワーク「Adobe Flex Builder」を紹介します。今回は「Adobe Flex Builder 3」と「Adobe LiveCycle」の体験版を利用して、RIA開発を実際に体験していきます。

目次

はじめに

 前回は、Flash技術を使ってRIA(Rich Internet Application)開発を行うための「Flexフレームワーク」の概要について解説しました。今回は、統合開発である「Adobe Flex Builder 3」を紹介し、さらに「Adobe LiveCycle」に収録されているFlexフレームワークを利用したサンプルアプリケーションの実行とソースコードの内部を確認してみましょう。また、これからFlexを学習したいという人向けに厳選したWebサイトも紹介します。

対象読者

  • RIA開発をこれからはじめようと思っている方
  • Flexフレームワークに触れてみたいと思っている方

まずは体験版から開発をスタート

 前回も解説しましたが、現在Adobeからダウンロードして実際に試すことができる開発環境として、現行の「Adobe Flex Builder 3」の体験版とベータ版の「Adobe Flash Builder 4」の2つがあります。これからFlexに触れようという方なら、Adobe Flex Builder 3をダウンロードすることをお勧めします。

 Adobe Flex Builder 3は、現在多くのPCにインストールされているAdobe Flash Player 9を最大限に活用することが可能です。さらに、日本語でのさまざまな情報がWebサイトなどで公開されているというメリットがあります。

 Adobe Flex Builder 3の体験版は、AdobeのWebサイトのダウンロードページを表示し、画面中央のプルダウンメニューから「Flex 3」を選択してダウンロードします。なお、ダウンロードにはAdobe IDが必要です。取得していない場合はWeb画面から無償で申し込むことができます。体験版は60日間、チャートコンポーネントなど一部のコンポーネントに体験版であることを意味する透かしが入る以外は、すべての機能を制限なく利用することが可能です。

ダウンロードページ、メニュー選択画面
ダウンロードページ、メニュー選択画面

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • アドビ システムズ株式会社(アドビ システムズ カブシキガイシャ)

    アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイト(http://www.adobe.com/jp)に掲載されています。...

バックナンバー

連載:Adobe Flexのはじめの一歩を教えます
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5