Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

入力処理機能を持ったWebページを作成する

InputMan for ASP.NET 3.0J の検証アクションエクステンダ、マスク、メッセージボックスコントロールを使ったWebページの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/29 14:00
目次

検証アクションエクステンダを使った処理

 検証アクションエクステンダを使うと、さらにいろいろな形で入力エラーをユーザーに示すことができます。

 検証アクションエクステンダ(ValidatorAction)は、検証コントロールにさまざまな検証結果の通知方法を拡張するコントロールで、InputMan for ASP.NETの各コントロールだけではなく、Visual Studio標準の検証コントロールにも適用できます。

 追加される検証アクションは、次の3種類です。

1.色によるエラー通知

 ColorNotifyクラスを使用して、エラー検出時にコントロールの背景色や文字色を変更することで、エンドユーザーにエラーを通知できます。ColorNotifyクラスでは、次のプロパティを設定できます。

プロパティ 説明
InvalidBackColor 不正値が入力されたときの背景色
InvalidForeColor 不正値が入力されたときの文字色
ValidBackColor 正しい値が入力されたときの背景色
ValidForeColor 正しい値が入力されたときの文字色
色によるエラー通知(ヘルプファイルより抜粋)
色によるエラー通知(ヘルプファイルより抜粋)

2.バルーンチップによるエラー通知

 TipNotifyクラスを使用して、エラー検出時にバルーンチップの表示によって、エンドユーザーにエラーを通知できます。TipNotifyクラスでは、次のプロパティを設定できます。

プロパティ 説明
ToolTipIcon バルーンチップに表示するアイコンの種類
ToolTipSpan バルーンチップが自動的に閉じるまでの時間間隔
ToolTipText バルーンチップに表示する文字列
ToolTipTitle バルーンチップのタイトル文字列
バルーンチップによるエラー通知(ヘルプファイルより抜粋)
バルーンチップによるエラー通知(ヘルプファイルより抜粋)

3.アイコンによるエラー通知

 IconNotifyクラスを使用して、エラー検出時にアイコンの表示によって、エンドユーザーにエラーを通知できます。IconNotifyクラスでは、次のプロパティを設定できます。

プロパティ 説明
BlinkRate アイコンの点滅間隔
BlinkStyle アイコンの点滅動作の種類
Icon 表示するアイコン
IconAlignment アイコンとアイコンを表示するコントロールとの位置関係
IconPadding アイコンとアイコンを表示するコントロールとの間隔
IconTip マウスポインタがアイコン上にあるときに表示するツールチップ文字列
アイコンによるエラー通知(ヘルプファイルより抜粋)
アイコンによるエラー通知(ヘルプファイルより抜粋)

 使い方は、検証アクションエクステンダをWebフォームに配置すると、Webフォーム上にある各検証コントロールのプロパティページにValidatorAction1のValidateActionなどといったプロパティが追加されます。

 このプロパティをクリックすると、「検証動作の編集」というダイアログが表示されるので、ここで設定したい検証アクションを追加・編集します。1つの検証コントロールに複数のアクションを設定できます。

 ここでは、最初の検証コントロール「CharacterTypeValidator1」に色とバルーンのアクションを、もう1つの検証コントロール「CharacterTypeValidator2」に色とバルーン、アイコンのアクションを設定しました。

 エラーによって表示されたこれらのアクションは、正しい値が入力されれば取り消されますが、ValueProcessクラスを使用して、コントロールに入力された値が不正なときに、この値をどのように処理するかを設定できます。

 不正入力値の処理は、ValueProcessクラスのValueProcessOptionプロパティにValueProcessOption列挙体のメンバを設定します。設定は、同じく「検証動作の編集」ダイアログを使用し、次のいずれかの値を設定します。

プロパティの値 説明
Keep 入力された値を保持
Clear 入力された値を消去
Restore 変更前の値に戻す
「検証動作の編集」ダイアログ
「検証動作の編集」ダイアログ

まとめ

 ユーザーに正確な入力を行わせるには、的確な表示とエラーの指摘が重要になってきます。InputMan for ASP.NET 3.0Jのこれらの機能を使用すれば、入力段階での防御、入力後のエラー通知を的確にかつ視覚的に行わせることができます。

 昨今は、Webページでのデータ入力が頻繁に行われているので、入力処理の重要性が増してきていますから、このようなコンポーネントを導入することで効率よくアプリケーションを開発できるのではないでしょうか。

製品情報



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2010/02/16 22:03 「サンプルプログラム実行時の注意事項」を一部修正しました。

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(InputMan)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5