Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

WebページでSilverlightのグラフを使ってみる

ComponentOne Studio for SilverlightのChartコントロールを使ったWebページの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/06/17 14:00

 ComponentOne Studio for SilverlightのChartコントロールは、「Silverlight」を使ってWebページ上にグラフを作成できるコントロールです。高度なグラフィックス処理やアニメーション機能など、視覚効果の高いグラフを表示させることができます。そこで、今回は簡単なデータをグラフで表示するWebページを作成してみました。

目次

はじめに

 Webページで、データをグラフ化して表示したいと考えている方は多いと思いますが、実際グラフを作成するとなると結構大変です。多くの人は、グラフィックスソフトを使ってグラフを作成するか、文字・記号などを組み合わせて作成していると思います。

 ComponentOne Studio for SilverlightのChartコントロールは、マイクロソフト社の最新Webテクノロジー「Silverlight」を使って、Webページ上にグラフを作成するコントロールです。Silverlightテクノロジーを使用しているため、高度なグラフィックス処理やアニメーション機能など、視覚効果の高いグラフを表示させることができます。

 そこで、今回は簡単なデータをグラフで表示するWebページを作成してみました。

データを横棒グラフで表示する
データを横棒グラフで表示する
ボタンを押すと、データ、テーマとグラフの種類を変更する
ボタンを押すと、データ、テーマとグラフの種類を変更する

対象読者

 Visual Basic/Visual C# 2008を使ってプログラムを作ったことのある人。また、SilverlightおよびXAMLに対する基礎的な知識が必要になります。

必要な環境

 Visual Basic 2008、Visual C# 2008、Visual Studio 2008でプログラムが作れる環境。また、Visual Studio 2008 SP1用 Microsoft Silverlight 3 Toolsをインストールしていることが必須条件です。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2008およびVisual Studio 2008 SP1用 Microsoft Silverlight 3 Toolsを使用して作成し、Internet Explorer 8.0で動作確認を行っています。

コンポーネントのインストール

 ComponentOne Studio for Silverlightを使用する方は、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にComponentOne Studio Enterprise 2010Jをインストールする必要があります。インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。

 製品ページの[申込フォーム]をクリックし、グレープシティのWebサイトへ必要情報を登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきますので、ここからダウンロードします。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5