Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「VMware vSphere 4.1」リリース
中堅・中小企業向けに1CPU当たり約1万円で提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/15 14:08

 ヴイエムウェア株式会社は14日、VMware仮想化プラットフォームの最新バージョン「VMware vSphere(ヴイスフィア)4.1」をリリースした。

 VMware vSphereは、データセンター仮想化向けのプラットフォーム。ビジネスクリティカルなアプリケーションを基盤となるハードウェアから分離することで、ITサービスデリバリを最適化し、アプリケーションのワークロードごとの総コストを抑制しながら、アプリケーションとサービスに最高レベルの可用性と即応性を提供できる。

 バージョン4.1の新機能として、新しいメモリ管理テクノロジーを採用し、優れたパフォーマンスでより高い統合率を実現できるようになった。また、リソースのプール機能が拡張され、ストレージおよびネットワークを詳細に制御できるようになった。そのほか、スケーラビリティの面でも機能が大幅に強化された。

 価格は、Standard editionが148,900円から、Enterprise editionが484,900円から(すべて税込)。また、同製品のリリースに伴い、新たな価格設定としてアプリケーション数が30以下の中堅・中小企業向けの「VMware vSphere 4.1 Essentials」を1CPU当たり約1万円で提供開始した。

 製品の詳細については、公式サイトおよび参考価格ページを参照のこと。

 
【関連リンク】
VMware vSphere
VMware vSphereの新機能
VMware vCenter製品ファミリに関する詳細

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5