Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

颯爽登場!ASP.NET MVC 3の概要を押さえる

ASP.NET MVC3入門(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/01 14:00

ダウンロード ダウンロード (994.9 KB)

 いよいよASP.NET MVC 3が正式リリースされました。MVC 1のリリースから見るとバージョンアップにより各機能が洗練され、開発生産性を上げる構文の導入や、グローバル属性やJSON対応のモデルバインダーなどの新機能も追加されています。本稿ではASP.NET MVC 3の概要を押さえたいと思います。

目次

はじめに

 ASP.NET MVCはリリースから1年ごとにバージョンアップを実施し、遂に先日ASP.NET MVC 3(以下、MVC 3)がリリースされました。本連載ではASP.NET MVC 2から強化された点を紹介します。使用するVisual Studioのバージョンは2010です。

 なお、ASP.NET MVCの基本的な開発については過去の連載を参照してください。

必要な環境

 次の環境が必要です。

  • Visual Studio 2010(Visual Web Developer 2010でもOK)
  • ASP.NET MVC 3 RTW版
  • Pubsデータベース

 Visual Studio 2010(以下、VS 2010)のインストールは、Visual Studio 2010 Beta 2と変わりありませんので、『Visual Studio 2010 Beta 2を使ってみよう』を参考に行ってください。

 ASP.NET MVC 3 RTW(Relase To Web)はマイクロソフトのページからダウンロードできます。インストールはウィザードに従って進めるだけです。

Web PIによる簡単インストールとMVC 3のソースコード

 Microsoftが提供しているWeb PI(Web Platform Installer)は、マイクロソフトが提供する無償のOSSインストールサポートツールです。Web PIを利用することで、WordPressやDotNetNuke Community Editionなど無償で利用できるソフトウェアを選択してクライアント端末やサーバーに展開できます。Web PIはソフトウェアだけでなく、MVC 3や、WebMatrixなどのフレームワークや開発環境も簡単にインストールできるので、サーバー構築時やクライアント端末でのインストールに利用するのも1つの手です。

 

 ASP.NET MVCはソースコードも確認できます。ソースコードはCodePlex上にあるので、気になる方はこちらも併せてダウンロードしてみるとよいでしょう。ダウンロードはCodePlexからできます。

今回触れる内容

 本稿では、次の内容に触れます。

  • ASP.NET MVC 3とは?
  • MVC 2からの移行について
  • 各種機能の簡易紹介

ASP.NET MVC 3とは?

 MVC 3は、MVC 2の機能拡張版です。MVC 2との一番の違いはターゲットとなるフレームワークです。MVC 2は.NET 3.5でも開発ができましたが、MVC 3は.NET 4がターゲットになります。そのため、MVC 3の開発を実施したければ、Visual Studio 2010か、Visual Web Developer 2010を用意する必要があります(図1)。

図1 ASP.NET MVC 3概要
図1 ASP.NET MVC 3概要

 注目点として、MVC 3では新機能や最新のライブラリを標準で利用できますが、それらは別パッケージとしても用意されているのでMVC 3開発以外でも利用できます。具体例を挙げると、jQueryやパッケージマネージャーのNuGet(詳細は後述します)はASP.NET Web FormやASP.NET Dynamic Dataアプリケーションでも利用可能です。MVC 3ひいてはASP.NET自身が拡張しやすく作られているため、このような独立したパッケージによる機能拡張が実現されています。また、RazorはMVC 3以外でもWebMatrixなどで利用できます。

 それでは、続いてMVC 2からのマイグレーションについてご紹介します。

MVC 2からの移行について

 MVC 2からMVC 3への移行はツールが用意されています。

ツールによるアップグレード

 ASP.NET MVC 3 Application Upgraderをダウンロードし、実行します。このツールは、VS 2010で、.NET 4版のMVC 2で作成しているアプリケーションのみサポートしています。VS 2010を使用していても、.NET 3.5版のMVC 2アプリケーションはサポート対象外です。この方法を利用したい場合は、プロパティで.NET 3.5から.NET 4へとターゲットフレームワークを変更した後にツールを実行する必要があります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト ナオキ(ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:ASP.NET MVC3入門
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5