Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

コベリティ、欧米のソフトウェア品質に関する調査レポートを公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/05/11 18:47

 コベリティは11日、ソフトウェア品質に関する調査結果をまとめた「ソフトウェアインテグリティリスクレポート」を公開した。

 同社がフォレスター・リサーチ社に委託したもので、北アメリカおよびヨーロッパに在住するソフトウェア開発者336人に対するアンケート結果をまとめた内容。ソフトウェア品質、セキュリティ、安全性を管理する上での現在の慣習、市場トレンドなどを調べた。

 調査結果によると、「ほとんどの企業は2つ以上のサードパーティ製のソースコードを利用しており、それらのソースコードは内製のソースコードと同程度ほど厳密には扱われていない」「4割以上の回答者が、サードパーティ製ソースコードが製品出荷遅延、リコール、セキュリティ脆弱性、開発時間増、報酬への影響を与えていると考えて、よりソースコードの可視化を求める要因になっている」と説明。

 同社ではこれを受けて、「今日の開発チームは危機的状況にあると言ってもよく、開発者は100%開発したソフトウェア品質に責任がありますが、サードパーティ製ソースコードの品質はコントロールできません。このことは、(サードパーティ製ソースコードを利用する)開発企業がサプライチェーン全体をコントロール、統治できる方法を探す需要の増大へとつながっています」と指摘している。

 詳細なレポートはコベリティのWebサイトからダウンロードできる。

 
【関連リンク】
~ソフトウェア品質に関するリスクレポート~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5