SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Windows Azure新機能チュートリアル

Windows Azure AppFabric Cachingでスケールアウトを実現しよう

Windows Azure新機能チュートリアル(5)

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本稿では、2011年4月28日に正式リリースされたWindows Azure AppFabric Cachingについての概要と、Webロールからセッションプロパイダーとして利用する手順について紹介します。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対象読者

  • Windows Azureの新機能に興味のある方。
  • Windows Azureのサブスクリプションを持っており、Azureを利用したことがある方。

必要な環境

  • Windows Azureサブスクリプション
  • Visual Studio 2010もしくは、Visual Web Developer 2010 Express
  • Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2011.3以降(Windows Azure SDK 1.4含む)
  • Windows Azure AppFabric SDK V1.0 - April Update

Windows Azure AppFabric Cachingとは

 Windows Azure AppFabric Caching(以下、AppFabric Caching)とは、高いスケーラビリティと低いレイテンシ、高いスループットを実現する分散インメモリキャッシュで、Windows Server AppFabric Cachingのサブセット機能を提供します。2011年4月28日正式版として提供され、以前は開発コード名「Velocity」として知られていました。

 図1は、AppFabric Cachingを構成する概念図で、以下のような特徴を備えます。

  1. Web/アプリケーション層からは、単一のキャッシュに見える
  2. Web/アプリケーション層と、データ層の間に挟むことで、スケールアウトに適した構成を取ることができる
  3. WebロールからASP.NETセッションプロパイダー、OutputCacheプロバイダーとしても利用可能である。
図1 AppFabric Caching概念図
図1 AppFabric Caching概念図

 AppFabric Cachingの利用方法にはいくつかの方法がありますが、本稿では、AppFabric CachingをASP.NETのセッションプロバイダーとして利用する方法について説明します。

Windows Azureにおけるセッション管理

 ここでは、Windows Azureにおけるセッションデータの取り扱いについておさらいしておきましょう。

 Windows Azureはスケールアウトを前提としたPaaSプラットフォームです。同じWebロールを複数のインスタンスとして異なるVMに展開して動作します。外部からのリクエストはロードバランサを介して、各Webロールのインスタンスに接続されます。このとき、ロードバランサにはセッション維持機能はないため、リクエストごとに異なるインスタンスにリクエストが送信されます。例えば、1回目のリクエストはWebロールのインスタンス1、2回目のリクエストはインスタンス2へと振り分けられます。このときはInProcのように各インスタンスのメモリ上にセッションデータを保持しておく仕組みであった場合に、2回目のリクエストで、本来あるはずのデータが見つからずに問題となります。

図2 セッション管理の概念図
図2 セッション管理の概念図

 このため、複数のインスタンスから供用できるセッション状態ストアが必要なわけですが、現在までマイクロソフトからは正式に利用できるセッションプロバイダーは提供されていませんでした。このAppFabric Cachingのリリースによって、ようやくマイクロソフトが正式に提供したセッション管理方法が登場したといえます。

 参考までにAppFabric Cachingを使わないセッション管理方法として以下がありますが、正式にサポートされておらず、有効期限切れのセッションデータを自力で削除する必要がありました。

  1. SQL Azureをセッション状態ストアとして利用する。
  2. Azureストレージサービスをセッション状態ストアとして利用する。

 (1)は、「KB2006191 - Updated ASP.NET scripts for use with SQL Azure」を参照してください。

 (2)は、「Windows Azure Platform Training Kit - April Update内にASPProvidersとしてサンプルが提供されています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
AppFabric Cachingの管理

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Azure新機能チュートリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/6007 2011/07/05 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング