SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

開発者の祭典「デブサミ2012」の公式コミュニティー募集のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社翔泳社が主催するデベロッパーの祭典「Developers Summit」(以下、デブサミ)は、2012年2月の開催をもって10回目を迎えます。今年のテーマは、「10年後も世界に通じるエンジニアであるために」。

 ITの世界は、とかく新技術がクローズアップされがちですが、どんな技術でも突然生まれるものではありません。技術の継承、ユーザーとの関わり、コミュニティを通じた交流。こうした「つながり」によって世界が創られ、未来が生まれていきます。

 デブサミ参加者の「つながり」を一層強化するため、前回に続き、デベロッパーコミュニティの参画を公募させていただきます。たくさんの参加をお待ちしております!

デブサミ 2012 開催概要

  • 名称:Developers Summit 2012 (通称:デブサミ2012)
  • 会期:2012年2月16日(木)・17日(金)
  • 会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
  • 主催:株式会社翔泳社
  • 無料セッション数:56セッション(予定)
  • 来場者数:2,000名(予定)

デブサミ2012オフィシャルコミュニティ応募方法

参画するメリット

  • デブサミサイト・当日のパンフレットなどで、コミュニティの活動結果の露出
  • コミュニティブースの提供(無料/応募多数の場合は抽選)
  • LTでの発表枠の提供(無料/応募多数の場合は抽選)

応募資格

A)必須条件

  • コミュニティの関心がITであること
  • 非営利であること

B)活動状況(以下の項目の中で、一つ以上実績があること)

  • 3か月に1回、IT関連の勉強会を実施していること
  • 100人以上の会員にメルマガを発行していること
  • Blogや掲示板やSNS・ミニBlogで、情報を発信していること

申込方法

 応募フォームより必要事項を記入しご応募ください。

応募締切

 2011年11月30日(水)まで。

承認フロー

 お申込みいただいた中から、条件を満たしているデベロッパーコミュニティに対して、メールにて登録URLをご案内いたします。そちらの登録フォームに記入していただき、デブサミ事務局にて登録確認ができた時点で、オフィシャルコミュニティとしての権利を有するものとします。

 
【関連リンク】
Developers Summit 2011(昨年度開催のページ)

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/6284 2011/11/18 13:26

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング