CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

S2Base.PHP5とS2Dao.PHP5で作るWeb2.0風アプリケーション 前編

S2Baseで作るWebアプリケーション

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/12/07 00:00
目次

Ajaxなタブエディタ(データ転送にはJSONを使用)

 今回サンプルで作成するアプリケーションは、Web上で書き換え可能なタブエディタを作成します。作成イメージはこちらになります。

 ここで作成するアプリケーションでは、サーバから送信されるデータの形式にJSONを利用します。最近のWebアプリケーションではよくこの形式が使われます。S2Dao.PHP5では、このJSON形式でデータベースの値を取得することができるので、それを利用します。

JSONについて
 「JavaScript Object Notation」の略称になっています。基本的にデータフォーマットとして考えていただいて結構ですが、JSONはJavaScriptにおけるオブジェクトの形式でもあるので、JSONフォーマットを使うことで、JavaScriptとの連携が楽に行うことができます。
 最近のPHP5.2.0ではデフォルトでPHP上からJSONフォーマットに変換する拡張モジュールが利用できるようになっています。
 また、S2Dao.PHP5ではデータベースからの結果セットをJSONで取得することが可能なので、今回はこの機能を利用しています。

部品の作成(1/2)

モジュールの作成

 先ほど作成した「codezine」のディレクトリ内で、コンソール上からphingコマンドを実行し、モジュールの作成を行います。今回、モジュール名は「tabedit」とします。

phing実行
> phing
    :
    : (省略)
    :

[ Command list ]
0 : (exit)
1 : action
2 : command
3 : dao
4 : dicon
5 : entity
6 : goya
7 : interceptor
8 : module
9 : service
choice ? : 8

module name ? : tabedit

[ generate information ]
  module name : tabedit

confirm ? (y/n) : y
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit/
action/
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit/dao/
    :
    : (省略)
    :

[ Command list ]
0 : (exit)
1 : action
2 : command
3 : dao
4 : dicon
5 : entity
6 : goya
7 : interceptor
8 : module
9 : service
choice ? : 0

BUILD FINISHED

 モジュールを作成すると「app/modules/」以下にディレクトリが作成されます。

生成されたディレクトリ群
app/modules/tabedit/
|-- action
|-- dao
|-- dicon
|-- entity
|-- interceptor
|-- service
|-- tabedit.inc.php
`-- view

 これから作成するActionクラスやServiceクラスはこのモジュール(「tabedit」)の配下で作成していきます。S2Base.PHP5ではモジュール単位での開発をサポートしており、モジュール単位に同じディレクトリが生成されます。

 また、今回のモジュールではレイヤーパターンに置き換えると次のようなイメージになります。

 それでは、モジュールの作成も完了したので、アプリケーションで必要なプログラムの雛型を生成していきます。基本的に、生成される雛型を修正しながら開発を行います。

データベースへのアクセス

 データベースにアクセスするためにはDaoコマンドでDaoインターフェイスを作成し、ServiceコマンドでServiceクラスを生成してから、Actionクラスにinjectすることになります。テーブル定義としては次のようなものを想定して作成しました。

create table
CREATE TABLE Tab (
    id integer not null,
    title varchar(200) not null,
    content text,
    primary key(id)
);

 この定義体を元にDaoコマンドでインターフェイスを作成します。以下、phing実行時に選択した画面です。

phingコマンド実行中
[ Command list ]
0 : (exit)
1 : action
2 : command
3 : dao
4 : dicon
5 : entity
6 : goya
7 : interceptor
8 : module
9 : service
choice ? : 3

[ Module list ]
0 : (exit)
1 : tabedit
choice ? : 1

dao interface name ? : TabDao

entity class name ? [TabEntity] :

table name ? [TAB] : Tab

columns ? (id,name,--,,) : id, title, content

[ generate information ]
  module name          : tabedit
  dao interface name   : TabDao
  dao test class name  : TabDaoTest
  entity class name    : TabEntity
  entity class extends : none
  table name           : Tab
  columns              : id, title, content
  dao dicon file name  : TabDao.dicon

confirm ? (y/n) : y
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit/
dao/TabDao.class.php
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/test/modules/tabedit
/dao/TabDaoTest.class.php
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit/
dicon/TabDao.dicon
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit/
entity/TabEntity.class.php

 次に、serviceコマンドからServiceクラスを作成し、作成したDaoインターフェイスをinjectします。

phing command
[ Command list ]
0 : (exit)
1 : action
2 : command
3 : dao
4 : dicon
5 : entity
6 : goya
7 : interceptor
8 : module
9 : service
choice ? : 9

[ Module list ]
0 : (exit)
1 : tabedit
choice ? : 1

service interface name ? : TabEditService

service class name ? [TabEditServiceImpl] :

[ generate information ]
  module name             : tabedit
  service interface name  : TabEditService
  service class name      : TabEditServiceImpl
  service test class name : TabEditServiceImplTest
  service dicon file name : TabEditServiceImpl.dicon

confirm ? (y/n) : y
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit/
service/TabEditServiceImpl.class.php
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit/
service/TabEditService.class.php
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/test/modules/tabedit
/service/TabEditServiceImplTest.class.php
[INFO ] create : /home/hata/workspace/codezine/app/modules/tabedit/
dicon/TabEditServiceImpl.dicon

 ここで、生成されたTabEditServiceインターフェイスとTabEditServiceImplTabDaoインターフェイスを修正していきます。

 TabEditServiceは次のように修正しました。

service interface
<?php
interface TabEditService {

    public function getAll();
    public function find($tabId);
    public function add(TabEntity $entity);
    public function update(TabEntity $entity);
    public function delete(TabEntity $entity);

}
?>

 Serviceクラスは各アクションで参照されることになりますので、分かりやすい命名とそのServiceクラスに適したメソッドを用意します。

 次にTabDaoインターフェイスを次のように修正しました。

dao interface
<?php
interface TabDao {
    const BEAN = "TabEntity";

    const findAllJson_QUERY = "order by id";
    public function findAllJson();

    const getTabJson_QUERY = "id = /*id*/1";
    public function getTabJson($id);

    public function update(TabEntity $entity);
    public function insert(TabEntity $entity);
    public function delete(TabEntity $entity);
}
?>

 大部分のメソッドは生成時に作られているものをそのまま使用することができます。その他必要になった部分だけを修正するだけで問題ありません。今はまだ触れませんが、S2Dao.PHP5においてメソッド名によって結果セットを変更できる機能があるので、既にここで指定しています。

 次は、TabEditServiceImplをこのインターフェイスが提供する通りに実装し、Daoを受け取るためにsetterを用意します。

TabEditServiceImplクラスの実装
<?php
class TabEditServiceImpl
    implements TabEditService{

    private $dao;

    public function __construct(){}

    // typehintでinjectしたいDaoインターフェイス(TabDao)を
    // 指定しています。
    public function setDao(TabDao $dao){
        $this->dao = $dao;
    }

    public function getAll(){
        return $this->dao->findAllJson();
    }

    public function find($tabId){
        return $this->dao->getTabJson($tabId);
    }

    public function add(TabEntity $entity){
        return $this->dao->insert($entity);
    }

    public function update(TabEntity $entity){
        return $this->dao->update($entity);
    }

    public function delete(TabEntity $entity){
        return $this->dao->delete($entity);
    }

}
?>

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:S2Baseで作るWebアプリケーション

著者プロフィール

  • ハタ(ハタ)

    PHPの魅力に取り付かれた一人。 現在はSeasar.PHPとしてSeasar(Java)をPHP5に移植する活動をしている。 http://blog.xole.net/(ブログ)

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5