SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

特集記事(PR)

IBMの新しい高性能クラウド「SoftLayer」を使ってみた
~アカウント開設からインスタンス立ち上げまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年2013年7月にIBMが買収したことで最近ちょくちょく耳にするようになったSoftLayer。実際のところどんな感じなの?という方、あるいは、SoftLayerという言葉を初めて耳にしたという方もいらっしゃるかもしれません。今回は、アカウント開設からインスタンス立ち上げまでクリエーションラインのSoftLayerプロジェクトチームで実際に行ってみた結果、その手順と魅力についてお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.拡大し続けるサービス規模と意外な魅力

 SoftLayerは、『COOが明かすクラウドサービス「SoftLayer」の全貌』でも語られているように、稼働しているサーバー台数は10万台以上、顧客数は2万1千、そして運用されているウェブサイトのドメイン数は2200万以上で世界最大級と言われ、メジャーなIaaSの一つとなっています。先日発表された情報によると、2014年中に香港をはじめ世界各地15か所にデータセンターを設置するほか、最終的に40か所のデータセンター増設を予定しているということで、さらにその規模を拡大しつつあります。

 SoftLayerと言えば、世界各地にあるデータセンターを束ねる高速ネットワークや、物理サーバーと仮想サーバーの連携が大きな特徴ですが、ユーザからは意外と「サポートがかなりよい」「ネットワーク機器などの選択肢が多く、ニーズにあわせた構成ができる」という声も多く聞きます。特にサポートは、チャットで気軽に質問できたり、作業の進捗を逐一報告してくれたり、問題が解決したかその満足度をレーティングできるようになっていて、ユーザが安心して使えるためのホスピタリティを持った体制になっている様子。これらは実際に本番環境として運用することで実感できると思いますが、まずはそのとっかかりとしてアカウントを開設してみましょう!

2. 緊急指令!「無料で仮想サーバーを立ち上げよ」

2.1 1か月間無料のトライアルが展開中

 最近のネットを通して提供されるサービスには、一定期間無料で使えるものが増えてきています。お金を払う前に、「試しに使いたいな~」と思う方は多いはず。そんなニーズを見越してか、SoftLayerクラウドにも無料トライアルが提供されています。

 無料で使えるのは、パブリック・クラウド上のインスタンス1個分です。金額にして$50(月額、シンガポールのデータセンターは$70)の環境を1か月間立ち上げっぱなしで機能制限なく利用できます。ただし、1か月を経過すると、課金対象ですのでご注意を。

 それでは、具体的にアカウントの作り方からインスタンスへの接続まで、順を追って進めていきましょう。読み終わる頃には、SoftLayerクラウド環境が、安定してスムーズに利用できることが体感できるはずです。

2.2 アカウント開設手続きと、ポータルへのログイン

 SoftLayerのサービスを利用するためには、アカウントの開設が必要です。アカウントの登録が終われば、SoftLayerのポータル画面へ接続できます。ポータル画面では、すべてのサービスが利用可能になります。問い合わせ窓口やオンラインチャットなど、問い合わせ窓口もポータルを通して提供されています。

 では、まずSoftLayerの無料アカウント発行を行います。IBM社SoftLayerのサイトを開きます。ページ右上部にある「クラウド・サーバーを30日間無料でトライアル」の「今すぐ試す」をクリック。SoftLayerのサイトが開きますので、「ORDER NOW」をクリックします。

 申し込みにはクレジットカードが必要です。手元に有効期限内かつ決済可能なカードをご用意ください。各項目は英語ですが、会員情報をアルファベットで記入していきます。

 クレジットカード情報のほか、データセンターの選択と起動するOS情報の選択を行います。データセンターは選択肢にあるお好きなデータセンターを選んでください。「Host Name」にはホスト名、「Domain Name」にはドメイン名を記入します(例:“www.example.jp”の場合、Host Nameは「www」、Domain Nameは「example.jp」を記入)。インスタンス内部で使用するため、実在するホスト名でなくても構いません。起動するインスタンス上の設定に、自動的に反映されます。

 フォームで一通りの入力が終わったあとは、「SUBMIT」(送信)を押します。

次のページ
2.3 ポータル画面にログイン!

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特集記事連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SoftLayerプロジェクトチーム(クリエーションライン株式会社)(ソフトレイヤープロジェクトチーム(クリエーションラインカブシキガイシャ))

数多くのIaaSの中から、企業がよりニーズにあったITインフラを選べるよう米国で人気の高いSoftLayerの特徴を調査するために結成されたチーム。クリエーションライン株式会社 さまざまなオープンソースのコミュニティを牽引する技術者集団。クラウド基盤の設計・構築に関して数多くの実績を有し、国内外の大手通信...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/7613 2014/02/28 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング