Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ES6からES5への変換ツール「6to5」が名称を「Babel」に変更

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/16 15:00

 ECMAScript 6のコードを、ECMAScript 5に変換するJavaScriptトランスパイラ「6to5」の開発者の1人であるJames Kyle氏は、公式ブログの2月15日(現地時間)付の記事において、「6to5」の名称を「Babel」に変更すると発表した。

 「6to5」は、ECMAScript 6で書かれたコードをECMAScript 5に変換することによって、ブラウザごとのECMAScript 6実装レベルのバラツキを解消し、ECMAScript 6でのコード記述に専念できるようにするJavaScriptトランスパイラ。

 近年は月間のダウンロード数が100万を超えるほどの人気を集めている。一方で、その名称から、ECMAScript 6の実装が十分に進んだ暁には、その役割を終えてしまうという印象も与えていた。

 James Kyle氏は、公式ブログに投稿した記事で「『6to5』は死ぬために生まれたわけではない」と、「Babel」への名称変更の理由を語っており、今後「Babel」は最新の標準に対応したJavaScriptトランスパイラとしてだけではなく、他のバージョンのJavaScriptやECMAScriptを幅広くサポートしていく。


【関連リンク】
Babel(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5