Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、Active Directoryのマネージドサービス「Microsoft AD」の提供を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/07 15:05

米Amazon Web Servicesは、ディレクトリサービスとして新たにMicrosoft Active Directoryを提供する「AWS Directory Service for Microsoft Active Directory(Enterprise Edition)」(以下「Microsoft AD」)を12月3日(現地時間)に発表した。

Microsoft ADはWindows Server 2012 R2の上に構築されており、選択したリージョンのそれぞれ異なるゾーンで実行され高可用性を備えたドメインコントローラーと、手元のVPC(Virtual Private Cloud)とを接続できる。ホストの監視、リカバリ、データのレプリケーションおよびスナップショット、ソフトウェアアップデートは自動的に構成・管理される。

Microsoft ADによってAWSクラウド内でディレクトリベースのMicrosoft SharePoint、独自の.NETやSQLサーバベースアプリケーションを実行でき、またAWSクラウド内のMicrosoft ADと既存のオンプレミスのMicrosoft Active Directoryに信頼関係を構築することで、両ドメイン内のリソースへのアクセスをシングルサインオン(SSO)でユーザ、グループに提供できる。

詳細はAWS Directory Service documentationを参照。750時間の無料使用枠が用意されており、期間中実際にサービスを試すことができる。

【関連リンク】
Amazon Web Services
AWS Directory Service documentation(英語)

 

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5