Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Mozilla、WebVRフレームワーク「A-Frame」を公開、WebGLの知識がなくても簡単にWeb上でVRを構築可能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/18 14:35

 MozillaのMozVR開発チームは、オープンソースのWebVRフレームワーク「A-Frame 0.1.0」を、12月16日(現地時間)に公開した。

 A-Frameは、PCやiPhoneとOculus Riftとの組み合わせによって、Web上でのヴァーチャル・リアリティ(VR)環境を構築できる。なお、近日中にAndroidへの対応も予定している。

 WebVR自体は2014年夏の段階で、FirefoxとChromiumに搭載されていたものの、コンテンツ作成にはWebGLの知識が必要であり、開発者もわずかであった。

 A-Frameでは、WebGLをHTMLのカスタム・エレメントから使用可能にしているため、WebGLの知識を持たないWeb開発者でも、簡単にVR環境を構築できる。また、360°ビデオ、イメージ、モデルなどに使える、強力かつわかりやすい「プリミティブ」を用意しており、「プリミティブ」はライティングやアニメーション、サウンド、インタラクティブ機能も備えている。

 このほか、より詳細なコントロールや柔軟さを求めるゲーム開発者などを対象にした、ライティング、マテリアル、再利用可能なアセットといったコンポーネントも用意する。

 なお、「A-Frame 0.1.0」は既知の問題をいくつか抱えており、他の開発者からのフィードバックなどによって、今後の数か月でAPIが変更される可能性がある。


【関連リンク】
MozVR(英語)
MozVR(英語)
MozillaのWebVR開発者へのインタビュー記事(CodeZine)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5