Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

センサーモジュールでの計測

Tessel 2ではじめるお手軽IoT 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/30 14:00

 Web系の知識でかんたんに操作できる初心者向けのマイコンボードTessel 2を使って、JavaScriptでのIoTを試してみます。ハードウェアに詳しくないWeb系エンジニアでもIoTシステムを体験できます。

目次

対象読者

 IoTに興味があり、JavaScriptの基本的な知識がある方を対象とします。

はじめに

 Tessel 2の一番の特徴は、何と言っても、いろいろなモジュールをかんたんに接続できることでしょう。そこで今回は、気候センサーモジュールを使って、気温や湿度を計測してみます。

モジュールとは

 Tessel 2の本体には、ハードウェアモジュール拡張用に2つのポート(10pin)がついています。このポートに、いろいろな機能を搭載したモジュールをカチッと差し込むだけで、利用できるようになっています。

 また、これらのハードウェアモジュールをプログラムで制御するのも、とてもかんたんです。すべてNodeモジュールとしてnpmで公開されているので、require文で読み込むだけで利用できます。

ハードウェアモジュール(10pinポート用)

 現在ハードウェアモジュールは、次のようなものが用意されています。

  • 加速度センサー
  • 環境センサー(光と音)
  • 気候センサー(気温と湿度)
  • GPSセンサー
  • 赤外線モジュール
  • リレーモジュール
  • RFIDセンサー
  • サーボモジュール
  • 自作用ベースモジュール

ハードウェアモジュール(USBポート用)

 また、Tessel 2にはUSBポートもついており、そこにPC用の汎用的なUSBモジュールも接続可能です。今のところ、下記のUSBモジュールが利用できるようです。執筆時点では、3Gとストレージをのぞいて、Nodeモジュールの公開もされています。

  • オーディオ
  • カメラ
  • Bluetooth LE
  • 3G
  • ストレージ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Tessel 2ではじめるお手軽IoT
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5