CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Windows」に関する記事

512件中381~400件を表示
  • 403_t.jpg
    2006/06/16

    Windows実行ファイルのバイナリ概要

    Windowsの実行ファイル「EXE」の内部構造は雑然としており、また日本語の資料が少ないため、解析に手を出してみたはいいが、挫折してしまった人も多いのではないでしょうか。本連載では、筆者自身の経験を踏まえ、実際にEXEファイルの解析ができるようになるための資料として解説していきます。第1回は、EXEファイルの概要について説明します。

  • 415_t.jpg
    2006/06/14

    RegexDesigner.NETを使って.NETでの正規表現をマスターする

    正規表現は便利で強力な反面、パターンとよばれる記号と文字列の組み合わせ方法を学習する必要があるため、最初は難しく感じることがあります。そこで、本稿では「RegexDesigner.NET」という正規表現のパターンを簡単にテストできるフリーウェアを使いながら、正規表現の基本的な例を紹介していきます。

  • 408_t.jpg
    2006/06/13

    定型処理を行う簡易スクリプト実行系の実装

    画像処理やデータ処理などのアプリケーションを作っていると、何らかの「手続き」を自動化したくなることがあります。そこで、本稿では、ごく簡単なものですが、こうしたスクリプトの実行系を実装してみます。具体的には、画像を読み込んで簡単な処理を加える画像処理アプリケーションを作成します。

  • 400_t.jpg
    2006/06/07

    Indy 10とSynapseを利用したSMTP機能の実装

    Indyの現バージョンであるIndy 10のSMTP機能では、SMTP認証、SMTP over SSL/TLSといった最近必須になりつつある機能が拡充されています。Indy 10を使ってメール送信機能を実装してみようというのが本稿の第一の目的です。また、SMTP機能を提供するIndyのようなコンポーネントにおいて、日本語文字コード変換機能の実装について検討しました。本稿ではIndyコンポーネントの対照としてSynapseライブラリを用いて比較検討を行いました。

  • 393_t.jpg
    2006/06/05

    インラインアセンブラで学ぶアセンブリ言語 第1回

    本稿では、敷居が高く実用性も乏しいことから手が出しにくいとされるアセンブリ言語を、Microsoft Visual C++(以降 VC++)のインラインアセンブラを用いて体験していただきます。知識としてアセンブリ言語に興味があるものの、何から始めて良いのか分からないという方も多いと思いますが、VC++を使えばC言語の中にアセンブリ言語を組み込むことができます。

  • 397_t.jpg
    2006/06/03

    デスクトップCGIでWebとデスクトップを融合する 第1回

    Firefox/Apacheで動作する簡単なAtomリーダーシステムをCGIで作成します。ApacheはWindowsのローカルで動作し、Firefoxのブックマークに蓄積されたAtomフィードのURLから、インターネット上のAtomフィードを取得・解析し、HTMLに変換して表示します。CGI用のスクリプト言語として、Perl 5.8を使います。

  • 402_t.jpg
    2006/06/01

    改行やリンクをタグに自動置換するコントロール作成

    本稿では、改行やリンクの自動置換を行うラベルコントロールを例に、Webカスタムコントロールの作成方法を解説します。既存のコントロールを修正する形式で作成するので、初心者でも理解しやすくなっています。

  • 395_t.jpg
    2006/05/30

    NAntによるバックアップの自動化

    NAntは、.NETのビルドスクリプティングツールです。主に、常時統合を実現するためによく使われますが用途はそればかりでありません。本稿では、筆者がNAntを用いて解決したある厄介なバックアップ問題を扱います。ここではカスタマイズ可能な混成的バックアップシステムを構築する方法を具体的に説明します。

  • 392_t.jpg
    2006/05/26

    ATL/WTLプログラミング 6:ズームスクロールウィンドウ

    Windowsアプリケーションを作成するためのC++クラスライブラリといえば、Microsoftが提供するMFCが有名ですが、同社が提供するライブラリATLを利用して作成することもできます。本稿では、マルチペインステータスバーやペインコンテナ、ズームスクロールウィンドウの使い方について解説します。

  • 2006/05/15

    マウスジェスチャを実装する(Win32版)

    GUI環境で簡単にコマンドを送ることができるマウスジェスチャ。最近ではWebブラウザなどにも実装されています。今回はそんなマウスジェスチャをC言語(またはC++言語)を利用して実装する方法を紹介します。

  • 2006/05/15

    マウスジェスチャを実装する(.NET版)

    Webブラウザなどに実装されているマウスジェスチャ。GUI環境で強力な効果を発揮するマウスジェスチャを.Netで実装する方法を解説します。

  • 375_t.jpg
    2006/05/11

    「成分解析」を行うプログラムを例にして覚える乱数の使い方

    C#で成分解析をするWindowsアプリケーションを作成します。ランダムな順列の生成方法や、標準正規分布に基づく乱数の簡単な作成方法などについて解説します。

  • 379_t.jpg
    2006/05/11

    GridViewとDetailsViewでデータ管理ページを作成する

    ASP.NET 2.0でデータ管理を行う便利なコントロールに、GridViewとDetailsViewがありますが、通常の設定のままだと使いにくいと感じられる点があるかと思います。本稿では、これらを拡張して必要な機能を実現する方法を紹介します。

  • 376_t.jpg
    2006/05/10

    高速に符号/復号を行える最小冗長符号「Canonical Huffman Code」

    本記事ではデータ圧縮の基盤である最小冗長符号を実現するCanonical Huffman Code(以下、CHC)を紹介します。最小冗長符号は、各文字の出現確率が分かっている場合にそのデータを最小長で表現可能な符号です。CHCは良く知られたHuffman符号の一種ですが、木を用いずに表引きのみで処理を行うので高速に符号/復号が可能です。また、符号の長さ制限をつけた場合の最適な符号を求めるreverse package merge法も紹介します。

  • 383_t.jpg
    2006/05/09

    オブジェクトバインディングに関するヒントとテクニック

    Visual Studio 2005と.NET Framework 2.0では、Windows Formsにおけるデータバインディングの処理が大きく強化されています。本稿では、Windows Formsアプリケーションで使用できるクラス、インターフェイス、およびコーディングのテクニックについて説明します。

  • 373_t.jpg
    2006/05/08

    テンプレートエンジンNVelocityを活用してテキストを生成する

    本稿では、雛形(テンプレート)として用意しておいたテキストファイルをアプリケーションの実行時に読み込み、動的に値を埋め込める「NVelocity」というプロダクトを紹介します。NVelocityを利用すると、柔軟なテキストの生成や、保守性の高いアプリケーションの構築が可能になります。

  • 2006/05/02

    SQLiteで組み込みDB体験

    複雑なデータ処理にはデータベースが便利ですが、導入するのに手間がかかります。そこで、本稿で紹介するC言語のライブラリ「SQLite」を使うと、C/C++で書かれたプログラムにライブラリをリンクするだけで、データベースの機能が使えるようになります。

  • 369_t.jpg
    2006/04/26

    デスクトップ上のウィンドウをグリッドに沿って合わせるユーティリティ

    デスクトップに複数のウィンドウを並べて作業することがありますが、マウス操作では、ぴったりの幅に合わせることができません。そこで、ウィンドウメッセージをフックして、マウス操作が起きた場合に、強制的にウィンドウをグリッドに合わせるツールを作成します。本稿を通じて、デスクトップ操作を改善するユーティリティツール作成のヒントになればと思います。

  • 2006/04/25

    WAVEファイルにリアルタイムで加工を施し再生する

    マルチメディア系のプログラムを作成していると、音のデータを扱いたいときもあると思います。今回は読み込んだWAVEに対してモノラル化(またはボイスキャンセル)を施しながら再生してみます。もちろん曲全部をメモリに展開するようなことはしません。

  • 360_t.jpg
    2006/04/25

    ASP.NET 2.0でカスタムのページング処理と並び替えを併用する

    カスタムのページング処理は、結果セットが大きい場合にアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させることができますが、既定のページング処理に内在する昇順/降順の並べ替え機能が使えなくなってしまいます。本稿では、カスタムのページング処理と並べ替えの両方を利用する方法を解説します。

512件中381~400件を表示
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5