CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Windows」に関する記事

512件中341~360件を表示
  • 507_t.jpg
    2006/09/05

    WiXではじめるWindows Installer作成入門 第3回

    本連載は、WiXを利用してインストーラを作成するチュートリアル形式の入門記事です。第3回は、ユーザーインターフェイスつきインストーラ作成のパート2として、カスタムインストールに対応したインストーラを作成します。

  • 2006/08/29

    インラインアセンブラで学ぶアセンブリ言語 第3回

    前回は、インラインアセンブラを用いた演算を紹介しました。本稿では、さらにステップアップし、アセンブリ言語による条件分岐や繰り返しなど、プログラムの流れを制御する方法を解説します。

  • 533_t.gif
    2006/08/28

    コンポーネントによるスクリーンキャプチャツールの簡易作成

     LEADTOOLS 14.0J Raster Imaging Proに格納されているActiveXコントロール「LEAD Screen Capture Control」を使用し、画面をキャプチャしてスクリーンショットを作成するプログラムを作ります。キャプチャしたスクリーンショットは、MDIフォームの子フォームで表示し、ファイルにビットマップフォーマットで保存できるようにします。

  • 2006/08/21

    Visual Studio 2005でのリモーティングに役立つ13のヒント

    リモーティングは分散アプリケーションを実装するための強力なテクノロジです。インターフェイスを使うことで、厳密な型指定による外部コードへのアクセスが可能となります。そして、Visual Studio 2005のジェネリックを使えば、このプロセスはさらに簡易化されます。

  • 522_t.gif
    2006/08/17

    クライアントサイドスクリプトを使ってGridView上のすべてのチェックボックスをオンにする方法

    GridViewのヘッダーに[Check/Uncheck All]チェックボックスを追加し、すべての下位チェックボックスを一度にオンまたはオフにする機能を実装します。クライアントサイドスクリプトを使うため、応答速度の速いインターフェイスを実現できます。

  • 477_t.gif
    2006/08/16

    .NETでPOPサーバからメールを受信する方法

    TCPを使ってPOPサーバから直接メールを受信する方法を解説します。併せて、受信したメールのヘッダ部分からSubject、From、To などのヘッダ情報を取得したり、添付ファイルを取り出したりする方法についても紹介します。

  • 2006/08/15

    δ符号によるデータ領域の節約

    メモリへのBit単位での書き出し/読み込みの実装例と、それを利用したδ符号(自然数を表現する不定長のビット列)のエンコード/デコードルーチンの実装例を紹介します。

  • 493_t.gif
    2006/08/11

    WiXではじめるWindows Installer作成入門 第2回

    本連載は、WiXを利用してインストーラを作成するチュートリアル形式の入門記事です。第2回は、ユーザーインターフェイスつきインストーラ作成のパート1として、簡単なUIつきのインストーラを作成します。

  • 446_t.jpg
    2006/08/10

    AspectDNGで始める.NETのAOP

    本稿では、.NET用のアスペクト指向プログラミング(AOP)ツール「AspectDNG」を紹介します。AspectDNGは、非常に使い易く、JavaのAspectJやJBossAOPと比べてもひけをとらないツールです。

  • 462_t.gif
    2006/08/07

    iTextSharpを利用して.NETでPDF帳票を出力する

    アプリケーション開発をしていると帳票を出力したいという要望が多く聞かれます。帳票を出力する方法は幾つかありますが、その中でもよく利用されているのがPDFによる印刷です。本稿では、iTextSharpというオープンソースのライブラリを利用して、.NETのアプリケーションからPDFファイルを生成する方法を紹介します。

  • 458_t.jpg
    2006/08/04

    SSE2による浮動小数演算の仕組みと検証

    x86が持ち合わせる汎用レジスタでは、浮動小数演算を行うことができません。そこで登場するのがSSE2です。これらは64ビット・128ビットなど、汎用レジスタでは表現不可能な整数演算を高速に行ったり、浮動小数演算をサポートしたりしてくれます。

  • 498_t.jpg
    2006/08/02

    Excel形式の納品書を作成する入力支援フォーム

     前回に引き続き、InputMan for .NET 4.0J Windows Forms Editionのコントロール群から、キャラクタボックス、日付、数値、郵便番号、エディット、コンテナの各コントロールとIMEコンポーネントを使い、Excelで納品書を作成するための入力フォームプログラムを作成してみました。

  • 2006/07/28

    AMD64の特徴と機械語コーディング

    64ビットCPUが出始めて数年が経ち、多くのPCが64ビット化しつつあります。今回は、64ビット技術がどのような特徴を持ち合わせているのか、また、ソフトウェア側のアプローチをどのように進めていったらよいのかというテーマについて語ります。

  • 450_t.gif
    2006/07/27

    デスクトップCGIでWebとデスクトップを融合する 第2回

    HTMLで書かれたWeb日記のAtomフィードを配信するシステムをデスクトップCGIで作成します。Web日記のHTMLから、Atomフィードに必要な要素に該当する内容を読み取り、AtomフィードのXMLを自動的に生成し、FTPでWebサイトに配信します。デスクトップCGIのセキュリティについても言及します。

  • 486_t.gif
    2006/07/25

    GridView上のすべてのチェックボックスをオンにする方法

    本稿では、GridViewコントロール上のすべてのチェックボックスをオンまたはオフにする2つの方法を解説します。サーバーサイドコードを使えば非常に簡単に実現できますが、ポストバックというコストが生じます。クライアントサイドのアプローチではインターフェイスの反応速度を改善できますが、コードを工夫してJavaScript機能を追加する必要があります。

  • 426_t.gif
    2006/07/21

    プロセスデバッガを作ってみる

    前回まで、EXEファイルやネイティブコードの構造について解説しましたが、それらの動作の流れを把握する上で、デバッグ技術は重要になってきます。そこで今回は、実行中のプロセスの動きを把握するプロセスデバッガを実装する方法を紹介します。

  • 448_t.gif
    2006/07/17

    HTMLをXMLへ変換する自作クラス

    インターネットではHTMLによって多くの情報が提供されていますが、それらをプログラムから扱うには文字列を解析する必要があり、少々不便です。そこで本稿ではHtmlConverterという自作のクラスを使って、HTMLをさまざまな情報のプロトコルとして採用されているXMLに変換する方法を紹介します。

  • 479_t.gif
    2006/07/16

    自作プログラムに拡大鏡機能やエンボスなどの特殊効果を実装する

     LeadMainコントロールが持っている多彩な機能を利用して、前回解説したプログラムに、マウスで選択した範囲を中心に画像を拡大する機能、拡大鏡を使って画像の一部を拡大する機能、別フォームを使ってエンボスやポスタライズという画像処理を施す機能を追加します。

  • 424_t.gif
    2006/07/15

    アセンブリ署名とコードアクセスセキュリティ

    .NETのアセンブリにはアセンブリ署名という機能が付いています。署名を行うと厳密名を持っている状態になり、さまざまな恩恵を得られます。これは、プログラムによるファイルへのアクセスを制限するコードアクセスセキュリティを利用する上でも役立ちます。本稿では、これらについて解説します。

  • 420_t.gif
    2006/07/14

    x86系CPUのネイティブコードを解析する

    今回はPC市場で一般的に採用されているx86系CPUの機械語に迫ります。最新技術が次々と現れる昨今ですが、実はx86の規格はあまり目新しいものではありません。クロック周波数は上がるものの、機械語の形態は昔から引き継がれています。

512件中341~360件を表示
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5