CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Windows」に関する記事

512件中461~480件を表示
  • 150_t.jpg
    2005/08/25

    ASP.NETで再利用可能なページテンプレートを作成する方法

    本稿ではXMLとリフレクションを利用して、再利用可能なページテンプレートを作成する方法を解説します。この方法を利用すると、テンプレートのUIをWebアプリケーションの全ページに継承させたり、UIを普通のHTML/ASP.NETファイルを編集するような手軽さで変更したりすることができます。

  • 148_t.jpg
    2005/08/24

    ASP.NETが生成するHTMLタグをFirefoxやOperaにも対応させる方法

    通常、IE以外のWebブラウザに対しては、ASP.NETコントロールが既定でHTML 3.2準拠のマークアップを生成するため、不都合を生じることがあります。本稿では、IE以外のWebブラウザに対して、HTML 4.0準拠のマークアップが生成されるようにASP.NETを設定する方法を解説します。

  • 2005/08/18

    Microsoft C#でのHTML構文解析

    Web上のデータのほとんどはHTML形式で保存されていますが、.NET FrameworkにはHTMLの構文解析を簡単に行うための方法がありません。そこで本稿では、HTMLパーサの作成方法を示し、それを読者のアプリケーションでどう利用できるかを説明します。

  • 135_t.jpg
    2005/08/10

    .NETマルチスレッドプログラミング 1:スレッドの実行と同期

    本稿は、.NET Frameworkにおけるマルチスレッドプログラミングの解説です。四部作の「パート1」では、コンソールアプリケーションのサンプルを作成しながら、スレッドの実行から同期までの基礎的な内容を学びます。

  • 2005/08/10

    .NETマルチスレッドプログラミング 2:非同期デリゲートとスレッドプール

    本稿は、.NET Frameworkにおけるマルチスレッドプログラミングの解説です。四部作の「パート2」では、スレッドでフォームやコントロールを扱う方法や、「スレッドプール」「非同期デリゲート」などの事柄について学びます。

  • 2005/08/10

    .NETマルチスレッドプログラミング 3:プロセス間同期とスレッドタイマ

    本稿は、.NET Frameworkにおけるマルチスレッドプログラミングの解説です。四部作の「パート3」では、Mutexによるプロセス間の同期や、スレッドタイマの利用方法などについて学びます。

  • 2005/08/10

    .NETマルチスレッドプログラミング 4:スレッドの優先順位と強制終了

    本稿は、.NET Frameworkにおけるマルチスレッドプログラミングの解説です。四部作の「パート4」では、スレッドの優先順位を変更したり、スレッドを強制終了・一時停止したりする方法について学びます。

  • 2005/08/10

    .NETマルチスレッドプログラミング 目次

    本シリーズでは、マルチスレッドプログラミングの基本事項を全般的に紹介します。全部で四部作となっており、特にパート2までは、筆者が絶対に知っておくべきと判断した話題を解説しています。

  • 143_t.jpg
    2005/08/09

    ASP.NETを利用した共有リソースへのアクセス方法

    WebフォームやWebサービスの開発では、よく共有リソースへのアクセスが問題となります。本稿では、サービスコンポーネント(Enterprise Services)を作成して、共有リソースにアクセスする方法について解説します。

  • 138_t.jpg
    2005/08/08

    .NETでのトレースの方法と独自のトレースリスナの実装

    本稿では、.NETにおけるトレースの概要と、トレースリスナを利用してトレース情報を出力する方法を解説します。また、トレーススイッチを利用して動的にトレース動作を切り替えたり、独自のトレースリスナを実装したりする方法についても解説します。

  • 136_t.jpg
    2005/08/03

    ハードウェアDEP機能の調査

    この記事では、Windows XP SP2より実装されたDEP 機能について考察を行います。今回、デモプログラム(checknx)を作成しました。このプログラムよりどのようにDEP機能が働いているかを確認し、実際にメモリが保護されているかを考察します。

  • 126_t.jpg
    2005/07/28

    WinPcapを使用したパケットモニターの作成

    本稿では、WinPcapを使用したパケットモニターを作成し、パケットドライバー「WinPcap」の利用方法、および取得したデータをプロトコルに従って解析する手法について紹介します。

  • 125_t.jpg
    2005/07/27

    WinSock2を使用したパケットモニターの作成

    本稿では、WinSockでパケットモニターを作成し、WindowsでRAWソケットを扱う方法を紹介します。また、GUIプログラムを作成する場合に必須となる「非ブロッキングモード」や、すべてのパケットを取得するための「プロミスキャスモード」についても触れます。

  • 2005/07/22

    .NETでの正規表現の使用法

    正規表現については既に多くの記事が書かれていますが、本稿の目的は.NETに新しく装備された正規表現の概要を解説し、これらの用途および使用法に関する簡単なガイドラインを示すことです。本稿の読者としては、正規表現についての基礎知識がある方を想定しています。

  • 2005/07/21

    フォームに合わせてDataGridViewを自動的にサイズ変更する

    本稿では、フォームのサイズを変更した後に、常にそのサイズに合わせてDataGridViewのサイズを変更し、水平スクロールバーが表示されないようにする方法を、細かいテクニックを交えて解説します。

  • 119_t.jpg
    2005/07/20

    日付入力ができるポップアップウィンドウを作成する

    本稿ではASP.NETで、テキストボックスに日付を入力するためのカレンダを、ポップアップウィンドウで表示する方法を解説します。また、それに伴うポストバックの問題点と改良案も併せて紹介します。

  • 117_t.gif
    2005/07/15

    ashxファイルを利用したアクセスカウンタの実装

    .NET Frameworkには画像を生成するためのクラスが含まれています。本稿では、アクセスカウンタの実装サンプルを通して、ASP.NETで画像を自動的に生成しブラウザにダウンロードする方法を解説します。

  • 113_t.jpg
    2005/07/14

    iBATIS.NETにてO/Rマッピングを行う(DAO Framework編)

    データベースを実装する際に「iBATIS.NET」を導入すると、プログラムからSQLを分離したり、パーシステンス層とサービス層を分離したりして、データベースの管理を簡単にすることができます。本稿では、このiBATIS.NETに含まれるの2つのフレームワークのひとつ「DAO Framework」について紹介します。

  • 112_t.jpg
    2005/07/13

    iBATIS.NETにてO/Rマッピングを行う(SQL Maps編)

    データベースを実装する際に「iBATIS.NET」を導入すると、プログラムからSQLを分離したり、パーシステンス層とサービス層を分離したりして、データベースの管理を簡単にすることができます。本稿では、このiBATIS.NETに含まれるの2つのフレームワークのひとつ「SQL Maps」について紹介します。

  • 115_t.jpg
    2005/07/11

    IEで.NET Windowsフォームコントロールをホストする

    Microsoft .NET Frameworkを使用すると、Internet Explorer(IE)内にホストできる、コンパクトで安全性の高いオブジェクトを簡単に作成することができます。本稿では、Windowsフォームコントロールを作成し、IE内にホストする方法を解説します。

512件中461~480件を表示
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5