CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Windows」に関する記事

512件中481~500件を表示
  • 101_t.jpg
    2005/07/01

    TCP/IPを利用しているプロセス情報を視覚的に表示する

    本稿では、ネットワークに接続しているプロセスの情報を視覚的に表示するプログラムを紹介します。また、プロセスIDを取得することができるAPIが存在しないWindowsNT/2000でも、カーネルオブジェクト経由することで、プロセスIDを取得できることを解説します。

  • 96_t.jpg
    2005/06/20

    ページング処理を行う汎用的なコントロールの作成

    データのプレゼンテーションを行うWebアプリケーションを開発する際に、データソースやプレゼンテーションの種類に応じて、専用のページング処理を実装すると、大変時間を要することがあります。そこで、本稿では汎用的に利用できるページング処理 コントロールの作成方法を説明します。

  • 2005/06/10

    CodeDOMコード生成を使用して反復パターンを実装する

    単純なパターンを実装するのは、それが単純であるだけに、退屈で時間がかかり、間違いを起こしやすいものです。しかしコード生成を利用すれば、この退屈な仕事の大部分を省くことができます。

  • 82_t.jpg
    2005/06/01

    別のプロセスにコードを割り込ませる3つの方法

    パスワードスパイのチュートリアルは大体Windowsフックを利用しています。このようなユーティリティを作成するには、他に方法はないのでしょうか? 実はあります。

  • 83_t.jpg
    2005/06/01

    非同期でfindstrを実行する文字列検索ツールの作成

    コマンドラインツールであるfindstrをWindowsアプリケーションから呼び出すサンプルプログラムを例に、.NET Frameworkで外部プログラムを実行する方法、および非同期で処理を実行する方法を説明します。

  • 2005/05/23

    ASP.NETでのWebアプリケーションのエラー処理

    エラーの発生を予想できたとしても、そのエラーを洗練された方法でトラップするためには、サイトの既定のエラーリダイレクトページをオーバーライドしなければならない場合があります。ASP.NETでは、従来のASPよりも洗練された方法でこの問題が解決されています。

  • 80_t.jpg
    2005/05/19

    XMLHTTPRequestを利用したクライアント側の妥当性検証

    本稿では、ユーザーにもっと快適にWebを利用してもらうために、MicrosoftのXMLHTTPRequestコンポーネントを利用して、リアルタイムにデータルックアップを行うフォームの妥当性検証の方法を解説します。

  • 75_t.jpg
    2005/05/13

    Nullを許容するDateTimePickerコントロール

    .NET付属のDateTimePickerコントロールは、ルックアンドフィールは非常に優れていますが、null値を入力できません。データベース内では、nullを許容するDateTime値がよく使われます。この問題の回避策を紹介します。

  • 2005/05/13

    柔軟な.NET構成セクションハンドラ(.config)の作成

    C#を使用して柔軟な構成セクションハンドラを作成する方法を説明します。.NET構成システムの背景を簡単に紹介し、このシステムが有益である理由と、このシステムを拡張する方法について説明します。

  • 71_t.jpg
    2005/05/02

    log4netでデバッグや障害解析に役立つログを出力する

    アプリケーションの挙動を確かめるために、メッセージボックスを表示させたり、デバッグウィンドウにメッセージを出力していませんでしょうか。log4netを使用するともっと簡単に効果的なログ出力が可能になります。

  • 2005/04/19

    MASM32によるアセンブラ入門:パート1

    たいていのプログラマは、アセンブラ(またはアセンブリ言語)と聞くと尻込みをします。この記事ではアセンブラは本当はむしろ簡単な言語であることを証明したいと思います。第1回目は、アセンブラのコーディングを大幅に単純化するためのツールを紹介します。

  • 2005/04/19

    MASM32によるアセンブラ入門:パート2

    シリーズ第1回では、Microsoft Assemblerを使用してアセンブラファイルをコンパイルできるようVisual Studioをセットアップする方法を説明しました。第2回では、アセンブラという言語そのものと、アセンブラに含まれているいくつかの命令について解説したいと思います。

  • 2005/04/19

    MASM32によるアセンブラ入門:パート3

    いよいよこのチュートリアルの最終回です。この第3回では、一般的な算術関数と、アセンブラを実装するうえで大きな助けになるMASM32のマクロをいくつか紹介したいと思います。

  • 2005/04/15

    LicenseProviderによるソフトウェアのライセンス制御

    ソフトウェアの開発に対する正当な対価を支払うことを要求するための有力な解決策はソフトウェアライセンスです。.NET Frameworkには、アプリケーションにライセンス機能を組み込むための有用な技術が含まれています。

  • 2005/04/13

    シェル活動をログに記録する

    シェル上のユーザーの活動履歴をログに残したいという場合、ログ機能を実現するうえで鍵になるのは、IShellExecuteHookというCOMインターフェイスです。このインターフェイスを公開するCOMオブジェクトを作成すれば、Windowsシェル上での処理の実行方法を制御することができるようになります。

  • 58_t.jpg
    2005/04/12

    .NETでLAN転送速度を測定するIEツールバーを作る

    IEツールバーを作成するためには、今までは、C++, ATL などといった知識が必要でしたが、.NETでは、BandObjectsというフリーのクラスライブラリを利用することで、簡単にツールバーが作成できます。

  • 55_t.jpg
    2005/04/06

    OutlookをVBAでRSSリーダーにする

    Outlook型RSSリーダーではなく、Outlook VBAを使ってOutlookをRSSリーダーに拡張します。

  • 2005/04/03

    三角形判定の仕方

    三角形の形状を判定するプログラムを作成することで論理的思考のレッスンを行います。

  • 01_t.jpg
    2005/04/01

    .NETによるプラグイン機能を持つテキストエディタの作成

    「プラグイン」と呼ばれるプログラムの機能拡張が可能なアプリケーションの作り方を、プラグイン対応のテキストエディタを例に解説。

  • 2005/04/01

    BSTRおよびC文字列の変換

    Windowsプログラミングで混乱しがちな、Visual BasicスタイルとC言語スタイルの文字列の変換について解説。

512件中481~500件を表示
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5