Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • 松田 光秀(jThree合同会社)(マツダ ミツヒデ)

    jQueryの記法で操作できるWebGLライブラリ「jThree」の開発者でjThree合同会社の代表。JavaScriptのスキルのみで平成26年2月に1人で起業する。平成元年生まれの24歳で現役高校生(平成26年5月時点)。

執筆記事

  • 7868_t.gif
    2014/07/07

    jThreeプレーヤープラグインの使い方

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載最終回となる今回はWebGLコンテンツ制作でよく使う機能を1つにまとめたjThreeプレーヤーを紹介します。

  • 7826_t.gif
    2014/06/30

    表現の幅を広げるWebGLライブラリ「jThree」の公式プラグイン

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載5回目となる今回はWebGL表現の幅をさらに拡げるjThree公式プラグインを紹介します。前回までに作成したサンプルファイルをベースにMMDのモデルが歌って踊るサンプルと共に解説します。jQueryの基礎があれば難しくないので最後までお付き合いください。

  • 7825_t.gif
    2014/06/23

    WebGLライブラリ「jThree」を使ってjQueryの記法で3Dオブジェクトを操作する

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載4回目となる今回はJavaScriptコーディング編としてjQueryの記法によって3Dオブジェクトを自在に操作する方法を紹介します。前回までに作成したGOMLファイルをベースに3Dオブジェクトが動くサンプルと共に解説します。jQueryの基礎があれば難しくないので最後までお付き合いください。

  • 7786_t.gif
    2014/06/16

    jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree」の「GOMLファイル」使い方(head編)

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載3回目となる今回は基礎知識として、画面に描画したい3Dオブジェクトを記述するためのjThree独自XMLである「GOMLファイル」の使い方(head編)を紹介します。さらに前回記述したbody要素と合わせてブラウザ上に描画するところまでサンプルと共に解説します。HTMLの基礎があれば難しくないので、最後までお付き...

  • 7785_t.gif
    2014/06/11

    jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree」の「GOMLファイル」使い方(body編)

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載2回目となる今回は基礎知識として、画面に描画したい3Dオブジェクトを記述するためのjThree独自XMLである「GOMLファイル」の使い方(body編)を紹介します。まだ画面にモデルは表示されませんが、jThreeの核となる重要な知識です。HTMLの基礎があれば難しくないので、最後までお付き合いください。

  • 7784_t.gif
    2014/05/29

    たった3KBのコードで3DCGモデルが歌って踊ってアングルも操作できる! jQueryベースのライブラリでMMDデータを活用したWebGLコンテンツを作ろう

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載初回となる今回は、導入編として、jThreeが提供する機能の概要を説明するとともにコーディング手順を紹介します。さらにCanvasを自動生成し、マウスで動かせる立方体を描画してみて、シンプルな記述だけでコンテンツが作れることを感じていただきます。

6件中1~6件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5