Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「次世代Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用」連載一覧

1~15件(全16件)
  • 2018/10/30

    AngularのPWA(Progressive Web Apps)機能でアプリのようなWebページを作成

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法を、サンプルとともに紹介しています。前回はe2e(End-to-End)テストの実行方法を説明しました。今回は、ネイティブアプリのような使い勝手のWebページを実現するPWA(Progressive Web Apps)に関するAngularの機能を紹介します。

  • 2018/08/22

    ブラウザーを自動で操作し動作確認できる、「Angular」のe2eテスト

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法を、サンプルとともに紹介しています。前回はAngularのバージョン6で追加された新機能を紹介しました。今回は、Webブラウザーを自動的に操作してAngularアプリの動作を確認できる、e2eテストの利用方法を説明します。

  • 2018/05/30

    ツールが充実してさらに便利に! 「Angular」バージョン6の新機能

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法を、サンプルとともに紹介しています。前回は、Angular CLIのコマンドで実行できる単体テストについて説明しました。今回は、2018年5月にリリースされたAngularの最新版バージョン6を取り上げて、変更点や新機能を紹介します。

  • 2018/05/28

    ソフトウェアの品質を高めて作業効率も上げる、Angularの自動単体テスト

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法を、サンプルとともに紹介しています。前回はコマンドラインツール「Angular CLI」の利用方法を説明しました。今回は、Angular CLIのコマンドで実行できる単体テストを説明します。ソースコードを単体テストできるよう設定して、ソフトウェアの品質を高めることができます。

  • 2018/05/07

    Angular開発の強力サポートするコマンドラインツール「Angular CLI」の活用法

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法を、サンプルとともに紹介しています。前回は、バージョン5の変更点や新機能を解説しました。今回は、プロジェクトの生成や実行など、Angularアプリの開発をさまざまな機能でサポートするコマンドラインツール「Angular CLI」の利用方法を説明します。

  • 2018/03/13

    進化を続けるJavaScriptフレームワーク「Angular」バージョン5の変更点

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法を、サンプルとともに紹介しています。Angularは2017年11月にメジャーアップデートを受けてバージョン5になりました。本記事では、バージョン5の変更点や新機能を紹介します。

  • 2017/06/22

    「Angular」の変数を見やすい形式に変換して表示できるPipesの活用法

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回はAngularのバージョンアップ版となるAngular 4の変更点と今後の見通しを説明しました。今回は、変数の値を画面表示用に見やすく変換できるPipesについて、利用方法を説明していきます。

  • 2017/04/27

    JavaScriptフレームワーク「Angular」新バージョン4の変更点と今後の展望

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回は、Angularが提供するアニメーション機能について解説しました。今回は、2017年3月にリリースされたAngularバージョン4の変更点や新機能と、今後のバージョンアップの見通しを紹介します。

  • 2017/04/25

    「Angular」のアニメーション機能で動きのあるWebページを作る

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回は、Angularコンポーネントの生成/破棄などのライフサイクルと、ライフサイクルに対応して実行されるライフサイクルフックについて解説しました。今回は、Angularが提供するアニメーション機能について、サンプルと利用法を説明していきます。

  • 2017/04/10

    「Angular 2」コンポーネントのライフサイクルを知って使いこなす

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回は、Angular 2のHTTPクライアント機能について説明しました。今回は、Angular 2コンポーネントの生成/破棄などのライフサイクルと、ライフサイクルに対応して実行されるライフサイクルフックについて説明します。

  • 2017/02/28

    「Angular 2」のHTTPクライアント機能で非同期HTTP通信を使いこなす

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回はルーターの機能について解説しました。今回は、モダンなWebページの作成に欠かせない非同期HTTP通信を提供する、Angular 2のHTTPクライアント機能について説明します。

  • 2017/01/12

    URLとリンクでコンポーネント表示を切り替える「Angular 2」のルーター

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回は、Angular 2のコンポーネントにURLのパスを対応付けて、一般的なWebページのリンクと同じ操作でコンポーネントを切り替え表示できる、ルーターの機能について紹介します。

  • 2016/11/21

    ロジックを画面から分離できる「Angular 2」のサービスと依存性注入

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回は前回記事で説明しきれなかったモジュール定義方法を説明した後、独立した処理の実装をコンポーネントに後から追加できるAngular 2の「サービス」と「依存性注入(Dependency Injection)」機能について、利用法を紹介します。

  • 2016/10/21

    「Angular 2」の構成単位「コンポーネント」「モジュール」を使いこなそう

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回はAngular 2を構成する単位であるコンポーネントやモジュールの利用法について、実際にサンプルコードにコンポーネントやモジュールを追加しながら説明します。

  • 2016/08/31

    「Angular 2」のデータバインディングとディレクティブ記述法

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回はAngularJSの特徴的な機能であるデータバインディングとディレクティブの記述法を、現行バージョン(AngularJS 1)と比較しながら説明します。

1~15件(全16件)
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5