Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

レバレジーズ、「2016年度エンジニア人材市場動向調査」の結果を発表、Go言語とPythonの案件・求人に増加傾向

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/29 12:10

 レバレジーズは、エンジニア/クリエイター専門エージェント「レバテック」において実施した「2016年度エンジニア人材市場動向調査」の結果を、5月29日に発表した。

 「2016年度エンジニア人材市場動向調査」は、2016年4月1日~2017年3月31日の期間に、「レバテックフリーランス」および「レバテックキャリア」の業務委託案件、求人データを対象に実施された調査で、有効データ数は4355件。

 業務委託案件・求人の全体的な傾向としては、JavaとPHPを対象にしたものが全体の約半数を占めており、Java、C/C++のシェアが1ポイントほど増加し、COBOLのシェアが半減した以外は、全体として大きな変動は見られなかった。

 業務委託案件に限ってみると、AndroidおよびCOBOLのシェアが1.5ポイント前後低下した一方、JavaScript、C#/C#.NETは2ポイント以上、Ruby、Python、Go言語は1ポイント前後シェアを増やしている。

 なお、COBOLのシェア低下は、FinTech対応で複数の金融系企業Javaに切り替えたこと、Androidのシェア低下はハイブリッドアプリの開発が可能なXamarinの案件増加が影響したと考えられる。

 シェアが増加したJavaScriptはフロントエンドやサーバサイドでの利用など用途の拡大、Pythonは機械学習やデータ分析、IoT、ロボティクスなどでの需要増、RubyはPHPからの移行、Go言語は新規サービスやAPI基盤の開発への利用に用いられるケースが増えている。

 求人では、JavaとJavaScriptが3~4ポイント、VB.NETとScalaが0.6~0.8ポイントシェアを拡大するとともに、PHPとHTMLが2.2~2.8ポイントシェアを落とした。とりわけ、JavaおよびScalaについては、正社員採用にあたって「JavaやScalaを用いたアプリケーションの開発経験」を求める企業が目立っている。

 言語や技術ごとの傾向としては、全体のシェアは小さいものの、Go言語とPythonの案件・求人が2016年夏頃から増加傾向にある。COBOLはシーズンを追うごとに需要の低下が続いており、PHP、Objective-C/Swift、Android、Unityは1年を通して安定したニーズが存在することが明らかになった。


【関連リンク】
レバレジーズ
「レバテックフリーランス」
「レバテックキャリア」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5