Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「NGINX Plus Release 13」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/30 15:10

 米NGINXは、Webサーバ/ロードバランサ/コンテンツキャッシュ「NGINX Plus Release 13」を、8月29日(現地時間)にリリースした。「NGINX Plus」の登録ユーザーなら、無料でアップグレードできる。

 「NGINX Plus Release 13」は、Webアプリケーションのバージョンアップなどに便利な、アップストリームの設定をダイナミックに変更可能なAPIを新たに搭載しており、同APIは40を超える排他メトリックを利用できる。また、APIで管理可能なKey-Valueストアも備えている。

 このほか、受信したトラフィックを専用サーバに複製するリクエストミラーリング機能の搭載、JavaScriptのカスタム実装であるnginScriptの強化、サードパーティ製モジュールをインストール可能なパッケージを作成できるダイナミックモジュールのビルドツールが付属するなど、さまざまな機能変更・追加が行われた。

 また、「NGINX Plus Release 13」ではon-the-fly reconfiguration APIおよびextended status APIが非推奨となったほか、「NGINX Plus R2」で廃止されたsticky_cookie_insertディレクティブの削除、ModSecurityに含まれるSecRequestBodyInMemoryLimitディレクティブのサポート終了、旧バージョンOS(CentOS 5、Red Hat Enterprise Linux 5、Oracle Linux 5、Ubuntu 12.04、Ubuntu 16.10)サポートの終了が行われている。

 なお、「NGINX Plus Release 13」で公式のNGINXリポジトリに含まれていないサードパーティ製モジュールを引き続き利用するには、再コンパイルが必要になる。


【関連リンク】
NGINX(英語)
「NGINX Plus」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5