Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Tableau、2019年以降に注目すべき「BIトレンドTop 10」を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/26 15:34

 米Tableau Softwareは、2019年以降に注目すべき「BIトレンドTop 10」を発表している。

 2019年の「BIトレンドTop 10」のうち、日本市場においては、「AIや自然言語を活用したスマートアナリティクス」「データ民主化を加速するデータドリブンカルチャーの醸成」「データリテラシーとスキル」の3点がとりわけ重要になってくると考えられる。

 「AIや自然言語を活用したスマートアナリティクス」では、データ分析の分野でさらに多くのAIが採り入れられていく中で、提供されるデータが人間にとってより深く理解できるよう、結論の根拠をわかりやすく、できるだけシンプルに示すことが求められるようになるとともに、その結論に続く質問に動的に答える必要があると述べている。

 また、BI業界全体で自然言語が成熟するのにともない、分析環境の全社的な導入への障壁が取り除かれ、データドリブンの文化が育まれると予測する。

 「データ民主化を加速するデータドリブンカルチャーの醸成」では、BIプラットフォームの進化によって、いつでもどこでもデータの提供が可能になり、さまざまな業種での導入が進むほか、さらに多くのユーザーが日々の意志決定にデータを利用するようになり、データドリブンの文化が醸成される、と述べている。

 「データリテラシーとスキル」では、データリテラシースキルとして数学や統計のスキルだけでなく、インサイトを引き出すためにとった分析手順を、実用的で簡単に理解できる形で伝える「データストーリーテリング」が求められるようになる、と訴える。

 さらに、セルフサービス分析ツールによって、データサイエンティストと上級ユーザーの両者が、データを探索して、データに対する理解を深められるようになると予測している。

 その他のトレンドとしては、「データコラボレーションで拡大する社会貢献」「倫理規定のデータへの適用」「データ管理のモダンBIプラットフォームへの統合」「クラウドへのデータ移行とともに加速するモダンBI導入」が挙げられた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5