Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

.NET Core 3で始めるWPFアプリ開発――.NET Coreって? WPFって?

.NET Core 3で始めるWPFアプリ開発 第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/06 11:00

 .NET Coreって何でしょう? WPFってなんでしょう? 先へ進む前に今回は、.NET CoreとWPFについておさらいしておきましょう。

目次

はじめに

 この連載では、.NET Core 3時代のWPFプログラミングを解説していきます。

 前回は、とりあえず簡単なWPFアプリを作ってみました。ユーザーインターフェース(UI)をXAMLで定義し、C#でコーディングするという、WPFプログラミングのイメージをつかんでいただけたと思います。

 今回は、この先へ進む前に、.NET CoreとWPFについて解説しておきます。.NET Coreとは、簡単に言ってしまえば.NET Frameworkをリストラクチャ(本来の意味のrestructure、「再構築」)したものです。

 WPF(Windows Presentation Foundation)とは、デスクトップ向けWindows用のアプリを開発するためのGUI(Graphical User Interface)フレームワークです。.NET Frameworkまたは.NET Coreのクラスライブラリーの一部として提供されています。UIをXAML(eXtensible Application Markup Language、「ザムル」)という宣言型言語で定義するのが特徴です。

 XAMLは、UIのコントロールを画面上にただ静的に配置するだけではありません。データや他のコントロールと連携するバインディング、あるいはアニメーショントリガーといったものも記述できるので、次の画像のような動的な画面もXAMLだけで記述できます。XAMLの使いこなしがWPFプログラミングの肝になります。

XAMLだけで記述した動的コンテンツの例
XAMLだけで記述した動的コンテンツの例:
四面体の回転は、2つのスライダーとXAMLでバインドされています。
スライダーは、XAMLで記述したアニメーションで動かされています。
[手動]ボタンは、トリガーによってアニメーションを停止/再開します。
ソースコードはこちら⇒MainWindow.xaml

対象読者

  • C#プログラミングの経験者
  • これからWPFをやってみたい開発者
  • Visual Studio 2010などの古い環境を使っているWPF開発者

 本連載ではVisual StudioとC#の基礎的な解説はしません。C#でのプログラミング経験があることを前提としています。

必要な環境

 .NET Core 3は、Windowsでは7SP1/8.1/10(1607以降)でサポートされています。.NET Core 3でWPFプログラミングするには、Visual Studio 2019バージョン16.3以降が必要になります。さらにUWP(Univarsal Windows Platform)用のコントロールを利用したい場合には、Windows 10 1903以降が必要になります。

 本稿のサンプルコードは、以下の環境でプログラミングしています。


関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • biac(ばいあっく)

    HONDA R&Dで自動車の設計をやっていた機械屋さんが、技術の進化スピードに魅かれてプログラマーに。以来30年ほど、より良いコードをどうやったら作れるか、模索の人生。わんくま同盟の勉強会(名古屋)で、よく喋ってたりする。 2014/10~2019/6 Microsoft MVP (Windo...

バックナンバー

連載:.NET Core 3で始めるWPFアプリ開発
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5