CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Eclipse Foundation、企業向けJavaランタイムのマルチベンダー配信のためのAdoptiumワーキンググループを設立

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/25 08:00

 Eclipse Foundationは、AdoptOpenJDK Technical Steering Committeeとの協力による、Adoptiumワーキンググループの正式な設立を3月23日(現地時間)に発表した。

 同発表によって、Eclipse FoundationはAdoptOpenJDKのもとで行われていた、Eclipse Adoptiumのトップレベルプロジェクトをサポートする、ベンダー中立のガバナンスフレームワークを提供する。

 AdoptiumはAlibaba Cloud、Huawei、IBM、iJUG、Karakun AG、Microsoft、New Relic、Red Hatなど、多くのJava開発者やベンダーを含む複数の参加者によって設立されており、AdoptiumワーキンググループはOpenJDKコードに基づく、Javaランタイムとの完全な互換性を備えた、高品質のディストリビューションをJavaエコシステムに提供していく。

 AdoptOpenJDKは、オープンソースの高品質Javaランタイムのセットを企業に提供しており、Eclipse AdoptiumプロジェクトはそれまでのAdoptOpenJDKミッションの後継にあたる。AdoptOpenJDKプロジェクトは、複数のプラットフォームにわたるOpenJDKのオープンでコミュニティベースの再現可能なビルドおよびテストシステムを開発すべく、2017年に設立された。また、Eclipse Adoptiumは、組み込みシステム、デスクトップ、従来のサーバー、最新のクラウドプラットフォーム、およびメインフレームにおいて、Java開発者が使用するOpenJDKベースバイナリの、大手プロバイダとなる。

 Adoptiumワーキンググループは、開発者と企業がOpenJDKビルドの互換性のあるバイナリをダウンロードできる場所を提供するEclipse Adoptiumプロジェクトを補完し、コミュニティへのタイムリーなリリースとEclipse Adoptiumの採用に必要なインフラストラクチャ、マーケティング、コミュニティ構築、および開発者支援活動を提供する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5