CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「iOS 15」および「iPad OS 15」のベータ版がパブリックプレビュー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/09 08:00

 米Appleは、「iOS 15」および「iPad OS 15」のベータ版の提供を、開発者会議「WWDC 2021」にて発表した。

 「iOS 15」および「iPad OS 15」ベータ版ではApp Storeにおいて、StoreKit 2にSwiftの並列処理など新たな言語機能を活用したSwiftベースのAPIが導入されている。このAPIを使用して、製品情報の読み込み、ストアでのアプリ内課金の表示、顧客による購入の許可、コンテンツやサブスクリプションへのアクセス管理、App Storeで署名されたJSON Web Signature(JWS)形式のトランザクション情報の受信を行う。

 Audio UnitsではAudio UnitsホストがiOSで表示可能なカスタムビューが提供されるようになったほか、Core HapticsではCHHapticEventTypeAudioContinuous、CHHapticEventTypeHapticContinuous、CHHapticEventTypeAudioCustomのタイプのイベントは、一時停止しているCHHapticAdvancedPatternPlayerが再開する場合、イベントの途中で再生を再開するようになるとともに、typeリソースにボリュームエンベロープを適用するかどうかを制御できるようになった。

 機械学習関連では、Create MLフレームワークによるオンデバイス機械学習を活用したダイナミックなアプリ体験を構築する機能が利用可能になったほか、Audio Feature PrintベースのMLSoundClassifierアルゴリズムがより高速かつ高精度、低レイテンシ、小さなモデルサイズでサウンド分類モデルをトレーニングできるようになっている。

 ほかにも、「iOS 15」および「iPad OS 15」ベータ版では、さまざまな新機能が追加されているが、問題点も多数存在しているため、試用にあたっては注意が必要となる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5