Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

MS、Internet Explorer8ベータ2をリリース 日本語にも対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/28 12:32

マイクロソフトは27日、次世代インターネットブラウザ「Internet Explorer 8ベータ2」をリリースした。日本語版も用意されており、同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 マイクロソフトは27日、次世代インターネットブラウザ「Internet Explorer 8(IE8)ベータ2」をリリースした。日本語版も用意されており、同社のダウンロードセンターから無償でダウンロードできる。

 IE8ではページのレンダリングが高速化したほか、様々な機能が追加されている。新機能の1つ「アクセラレータ」は、1つのウィンドウから複数の情報ポイントにアクセスできるツール。マウスで反転表示させたり、右クリックすることで対象を地図/Web検索、翻訳することができる。

マウスで反転表示すると自動的にアクセラレータアイコンが浮き出てくる
マウスで反転表示すると自動的にアクセラレータアイコンが浮き出てくる

 検索機能も強化されており、Internet Explorer Gallery(Beta)から様々な検索プロバイダーをインストールすることができる。検索候補を画像付きで表示する機能も備わっている。

Wikipediaで検索した場合、画像付きで候補が表示される
Wikipediaで検索した場合、画像付きで候補が表示される

 また、タブ機能が改善され、一度閉じたタブを簡単に復元できるようになった。表示中のWebページ内のリンクから開いたタブはグループ化され、色わけして表示される機能も備わっている。

 その他にも、サイト内の特定セクションを購読し、更新されたコンテンツをIE8のメニューバーに直接配信できる「Web Slice」や、古いブラウザー向けにデザインされた Web サイトを表示できる「互換表示ボタン」、IEが閲覧セッション(Cookie、インターネット一次ファイル、履歴など)に関するデータを保存できないようにする「InPrivateブラウズ」など、様々な機能が追加されている。

「InPrivateブラウズ」機能を実行した場合、アドレスバーが変化する
「InPrivateブラウズ」機能を実行した場合、アドレスバーが変化する

 インストール後は、PCを再起動する必要がある。初回起動時に、Firefoxなど既存のブラウザのデータをインポートすることも可能となっている。

 なお、IE8ベータ1を既にインストールしている場合、正式な手順を踏まないとベータ2インストール時に不具合が発生するため、注意が必要だ(参照ページ:Upgrading to Internet Explorer 8 Beta 2)。

 
【関連リンク】
IE8ホームページ
Internet Explorer 8 Beta 2 Now Available:IEBlog
IE8リリースノート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5