CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Gettextによるウェブアプリケーションの国際化と地域化

PEARライブラリ活用 (8)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/14 14:00
目次

Translation2

 Translation2もメッセージファイルの国際化・地域化のためのライブラリです。Gettextだけでなく、データベースやXMLファイルを使うこともできますが、先に述べたように、gettextによる開発が事実上の標準になっているので、ここではTranslation2でgettextを使う方法のみを紹介します。

ソースコードにメッセージIDを埋め込む

 ソースコードにメッセージIDを埋め込む方法はこれまでとあまり変わりませんが、ここでは、__2ではなく、$tr->getとしておきます。該当部分だけ以下に示します。

trans3.php
<title><?php echo $tr->get('title') ?></title>
</head>
<body>
<p><?php
$firstName='Taro';
$lastName='YABUKI';
printf($tr->get('hi %s %s.'),$firstName,$lastName);
?></p>

 Translation2には、&&識別子&&という文字列を使って、メッセージ文字列にパラメータを埋め込む仕組みが用意されています。しかしながらこの方法はTranslation2でしか使えない独自のものなので、先に紹介した数値$を利用した方がいいでしょう(メッセージIDの書き方は、先に紹介した2つの手法の場合と同じです)。

テンプレート

 ソースコードからメッセージIDを抜き出して、テンプレートを作成します(getの部分がメッセージIDだということを指定しています)。

xgettext -k"get" trans3.php -o messages3.pot

POファイル(メッセージカタログ)

 ロケールごとにメッセージカタログを置くためのディレクトリを作り、テンプレートをコピーします。

mkdir -p locale/ja/LC_MESSAGES
mkdir -p locale/en_US/LC_MESSAGES

cp messages3.pot locale/ja/LC_MESSAGES/messages3.po
cp messages3.pot locale/en_US/LC_MESSAGES/messages3.po

 各POファイルを作成し、UTF-8で保存します(添付ファイルのlocale/ja/LC_MESSAGES/messages3.poとlocale/en_US/LC_MESSAGES/messages3.poを参照してください)。

設定ファイル

 利用可能なロケールのリストをファイル「langs.ini」に書きます。

[en_US]
name = English
encoding = iso-8859-1

[ja]
name = Japanese
encoding = UTF-8

 さらに、ドメインとディレクトリの関係をファイル「domains.ini」に書きます(これは、標準のGetttextのbindtextdomain関数に相当します)。

messages3 = ./locale

POファイルの利用

 作成したPOファイルを利用するためには、次のような準備が必要です。

trans3.php
//パッケージのロード
require_once 'I18Nv2/Negotiator.php';
require_once 'Translation2.php';

//パラメータを指定してTranslation2のインスタンスを生成
$params = array(
	'prefetch'=> false,
	'langs_avail_file'  => './langs.ini',
	'domains_path_file' => './domains.ini',
	'default_domain'=> 'messages3',
	'file_type' => 'po',
);
$tr=Translation2::factory('gettext', $params);

//ロケールの設定
$i18n=new I18Nv2_Negotiator();
$tr->setLang($i18n->getLocaleMatch());

 $tr->get(メッセージID)によってメッセージ文字列を取得できます。全体のソースコードは添付ファイルの「trans3.php」を参照してください。

 ブラウザの言語設定で、日本語を最優先にすると日本語のメッセージ、英語を最優先にすると英語のメッセージが表示されます。

おわりに

 Gettextを利用してメッセージ文字列を国際化・地域化する方法を3つ紹介しました。

 最初に紹介したPHP標準のGettextを利用する方法には、Windows版PHPの日本語ロケールが原因の問題がありました。Gettextを利用するだけならば、2番目に紹介したFile_Gettextで十分でしょう。実際、3番目に紹介したTranslation2も、内部ではFile_Gettextを利用しています。本稿では紹介しませんでしたが、gettext以外の方法を利用したい場合には、Translation2を検討するといいでしょう。

参考文献

  1. PHPライブラリコレクション』 山田祥寛 著、翔泳社、2008年1月
  2. Inside Linux Software』 佐藤竜一 著、翔泳社、2007年3月


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:PEARライブラリ活用

もっと読む

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト 矢吹 太朗(ヤブキ タロウ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5