CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Rubyが.NETプラットフォームにやってくる

.NETプログラマのためのRuby入門

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/01/14 14:00

目次

リフレクション

 リフレクションは、実行時にオブジェクトに関する情報を調べる処理です。methodsメソッドを呼び出すと、クラスに使用できるメソッドが分かります。Rubyのあらゆるものの基本クラスはObjectなので、Rubyのすべてのオブジェクトで使用できるメソッドを調べてみましょう。

irb(main):001:0> o = Object.new
=> #<Object:0x3f8feb4>
irb(main):002:0> o.methods
=> ["inspect", "taguri", "clone", "public_methods"
, "taguri=", "display", "instance_variable_defined
?", "equal?", "freeze", "methods", "respond_to?",
...many more methods listed...

 methodsを呼び出した結果は、そのオブジェクトで使用できる各メソッド名が格納された文字列の配列です。クラスはハッシュと同じようなものと考えることができます。methodsを呼び出すのは、そのハッシュテーブルのキー一覧を取得するようなものです。

 もちろん、どんなメソッドがあるかを調べることができても、実際にメソッドを使って何かできなければ、面白くもなんともありません。メソッドを呼び出すには、sendメソッドを使います。次の2つの操作は同等です。

irb(main):003:0> o.inspect
=> "#<Object:0x3f8feb4>"
irb(main):004:0> o.send "inspect"
=> "#<Object:0x3f8feb4>"

 Rubyでは、クラスでmethod_missingメソッドを定義することによって、未定義メソッドを処理できます。

irb(main):139:0> class Object
irb(main):140:1>   def method_missing(*args)
irb(main):142:2>     puts args
irb(main):143:2>   end
irb(main):144:1> end
=> nil
irb(main):145:0> o.foobar 1, 2, 3
foobar
1
2
3
=> nil

 このように、method_missingに渡される引数には、要求されたメソッドと、そのメソッドに渡されたすべての引数が含まれます。おそらく、次のように定義するのが望ましいでしょう。

def method_missing(method, *args)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:japan.internet.com翻訳記事

もっと読む

著者プロフィール

  • japan.internet.com(ジャパンインターネットコム)

    japan.internet.com は、1999年9月にオープンした、日本初のネットビジネス専門ニュースサイト。月間2億以上のページビューを誇る米国 Jupitermedia Corporation (Nasdaq: JUPM) のニュースサイト internet.com や EarthWeb.c...

  • Brad Wilson(Brad Wilson)

    ASP.NETチームのソフトウェア開発者としてMicrosoftに3年以上在籍。開発者としての経歴は15年を超える。.NET 2.0のテスト用開発フレームワークであるxUnit.netの共同製作者の1人である。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5