Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

テストツール「Parasoft C++test 7.2」をテクマトリックスが販売開始
高品質な組込みソフトウェアの開発をサポート

単体テスト機能を強化、MISRA C++ 2008コーディングルールを搭載

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/10 10:00

 テクマトリックスでは、米Parasoft社製のC/C++対応テストツール「Parasoft C++test(TM) 7.2」日本語版の販売を、2月9日より開始した。また、体験版のダウンロードサービスも開始されている。

 テクマトリックスは9日、米Parasoft社製のC/C++対応テストツール「Parasoft C++test 7.2」日本語版の販売を開始した。また、体験版のダウンロードサービスも開始されている。

 Parasoft C++testは、ソフトウェア開発の単体テストと静的解析を自動化するC/C++対応自動ユニットテストツール。バージョン7.2では、日本のユーザーの声を反映した機能も実装され、組込みソフトウェアの品質向上のためのテスト/検証環境が充実した。7.2での新機能は以下の通り。

  • テストケースウィザードを搭載し、単体テストの作業負荷を軽減
  • 外部ファイル(CSV、エクセル、データベースなど)に格納されたデータを利用した単体テストも、ウィザードで設定可能
  • アクセスできない外部リソースを代替するスタブの設定を容易にするスタブビューを追加
  • テストケースごとのテストカバレッジ情報を表示し、さらに詳細なテストケースの妥当性評価が実施可能
  • MISRA C++ 2008コーディングルールなど180個を静的解析機能に追加(搭載コーディングルール数は1,400個に)
  • バグ探偵(フロー解析)でメモリの解放やスレッド管理に関する問題やデッドコードなど、新たに13個の問題が検出可能
  • 組込みソフトウェア環境(Visual C++ for Windows Mobile、eMbedded Visual C++など)のサポートを充実
  • 下位バージョン(6.5および6.7)で作成したプロジェクトの読み込み、テストの実行が可能

 サポートプラットフォームは、Windows 2000、Windows XP(32bit)、Windows Vista(32bit)、Linux、Solaris。サポートコンパイラは、ARM RealView Development Suite(※1)、GCC、Green Hills MULTI(※1)、STMicroelectronics(※2)、Sun CC、Wind River Workbench(※1)、Visual C++、Visual C++ for Windows Mobile(※1)、eMbedded VisualC++(※1)。

 提供価格は、「C++test Professional Edition Ver. 7.2」が498,000円、「C++test Architect Edition Ver. 7.2」が598,000円、「C++test Server Edition Ver. 7.2」が2,100,000 円(価格はそれぞれ税別)。製品には1年間の保守サービスが含まれる。出荷開始は、2月26日を予定している。

 テクマトリックスでは国内総販売代理店として、主に組み込みシステムでのC/C++ソフトウェア開発をターゲットに、日本語化やユーザサポートなどを行う。また、C++test 7.2紹介セミナーを、2月20日にテクマトリックス社で開催する。

 
【関連リンク】
C++test
ニュースリリース(PDF)
体験版ダウンロード

※1

 Green Hills MULTI、ARM RealView Development Suite、Wind River Workbench、Visual C++ for Windows Mobile、Embedded Visual C++対応「C++test」には、専用のライセンス体系ならびに価格が適用される(別途応談)。

※2

 STMicroelectronicsでは静的解析のみ利用可能。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5