Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースライセンスの日本語フォントをIPAがリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/04/28 18:15

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では4月20日、オープンソースの日本語フォント「IPAフォント(アイピーエー フォント)Ver.3」の配布を開始した。これまでのIPAフォントの技術仕様を更新するとともに、ライセンスを改めてフォントの改変と再配布が可能になった。

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では4月20日、オープンソースの日本語フォント「IPAフォント(アイピーエーフォント)Ver.3」の配布を開始した。これまでのIPAフォントの技術仕様を更新するとともに、ライセンスを改めてフォントの改変と再配布が可能になった。

 「IPAフォントVer.3」では、明朝体とゴシック体が、それぞれ等幅およびプロポーショナルで、計4書体提供されている。日本語の文字コード規格「JIS X 0213:2004」に準拠し、約11,000文字を収容している。フォントのフォーマットとして、今回から「OpenType」標準を採用した。

 また、これまでの仕様ライセンスではフォントを自由に利用することはできたが、改変と再配布が禁じられていたため、いくつかのLinuxディストリビューションで収録されないという課題もあった。このため、オープンソースライセンスと整合性のある「IPAフォントライセンス」を新たに作成し、今回のリリースから適用する。同ライセンスは、2009年4月1日にOSI(Open Source Initiative)から「オープンソース定義(OSD)」に準拠したライセンスとして認定されている。

 
【関連リンク】
IPAフォントのダウンロード
プレスリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5