Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Red Hat Enterprise Linux for VMware」リリース
仮想化環境に最適化したサブスクリプション

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/31 14:36

 レッドハット株式会社は28日、VMwareによる仮想化環境向けにRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のサブスクリプション「Red Hat Enterprise Linux for VMware」の提供を開始した。

企業向けのLinux OS「Red Hat Enterprise Linux」をVMwareの仮想化環境で最適に利用するためのサブスクリプションで、4仮想マシンまでの同時実行をサポートする。

 「RHEL for VMware」では、VMwareによる仮想化環境の導入を想定しているため、ポリシー違反などの問題を招くことがなくソフトウェア費用の増加を抑えることができる。また上位バージョンとして、Red Hat Enterprise Linux Advanced Platform(RHEL AP)のサブスクリプションで構成される「RHEL AP for VMware」があり、10仮想マシンまでの同時実行をサポートする。

 価格は「RHEL for VMware」スタンダード版が年間17万8,000 円、プレミアム版が28万8,000円。「RHEL AP for VMware」スタンダード版は年間33万8,000円、プレミアム版が55万8,000円となっている(すべて税別)。

 
【関連リンク】
レッドハット | オープンソース・カンパニー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5