Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「はてなハイク2」のクローズドβテストが開始
ネット初心者でも気軽に使えるマイクロブログ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/30 12:58

 株式会社はてなは27日、京都西陣町家スタジオ(京都市上京区)で開催されたユーザーイベント「第3回 HUG Kyoto(Hatena Users Group Kyoto)」で、次期新サービス「はてなハイク2」のクローズドβテストを開始した。

ケータイ向けのマイクロブログで、SNSのように「ともだち」とつながっていくコミュニケーションサービス。当面は招待制で1000人程度までユーザーを集め、開発を進める。

 「はてなハイク2」は、招待または申請によって繋がった「ともだち」に「つぶやき」を届けるサービス。一般的なマイクロブログのようにワールドワイドに公開されることを前提としておらず、「ともだち」をベースに公開範囲を絞って、身近な友人・知人とつながることを目的としている。

 つぶやき以外の機能としては、ケータイのGPS機能を利用して自分の現在位置を地図で表示する「イマココ」や、現行の「はてなハイク」から踏襲された「手書き」画像の投稿がある。また、メールからつぶやきや写真を投稿することもできる。

 特徴的な機能として「ルーム」があり、テレビ番組など同じような興味に沿ってほかのユーザーとつぶやき合いたいときに利用する。部屋(ルーム)という機能名ではあるが、はてなハイクの「キーワード」やtwitterの「ハッシュタグ」にも近い機能となっている。

 「はてなハイク2」は、これまでは「はてな」のサービスを利用していなかったようなネット初心者でも、気軽に利用できることをコンセプトとしている。そのためあえて機能を押さえ、日常的にケータイしか使用したことがなくても簡単に利用できるよう、はてなスターの新しいインターフェースを用意するなどの工夫をしている。

 一方、各種APIやAJAXインターフェースといった新しい技術の利用は控え目になっている。「イマココ」の表示にGoogleマップを利用したり、「手書き」がcanvas要素を利用したPCオンリーの機能となっているほかは、外部からのAPI利用やRSSなども用意されていない。

 「ハイク2」は、既存のマイクロブログサービス「はてなハイク」のリニューアル版という位置づけではあるが、まだ試験的な要素が強く、将来的な統合などのロードマップが示される段階ではないようだ。当面は「第3回 HUG Kyoto」に集まったユーザーを起点に、1ユーザーごとに5人までの完全招待制で、実験的に機能の追加や改良が行われる。テスト終了時期は未定となっている。

 なお、クローズドβテスト期間中は、スクリーンショットや発言内容を外部に転載しないという運営方針になっているため、本記事でもスクリーンショットの掲載は控える。

はてなハイク2(クローズドベータテスト中)
はてなハイク2(クローズドベータテスト中)

 
【関連リンク】
はてな - クローズドベータテスト中です
第三回 HUG Kyoto「はてなの新サービスに限定招待!ケータイを持って町家に集まろう!」開催のご案内 - はてな広報ブログ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5