SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

クエスト・ソフトウェア、OracleのSQL文を最適化するツール「SQL Optimizer for Oracle」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クエスト・ソフトウェアは、OracleデータベースのSQL文のパフォーマンス最適化を支援するツール「SQL Optimizer for Oracle」を12月1日から発売開始した。

データベース用の統合開発環境「Toad for Oracle」(トード)の上位エディションにも組み込まれている。

 同社では製品の特徴について、「パフォーマンスの問題は、不適切なSQL文やインデックスに起因することが多く、従来は専門のデータベースエンジニアによってチューニングが行われてきたが、人材の不足や手作業による工数負荷が問題だった。また、アプリケーション開発者はSQL文が正しいかに関心を向けることが多いため、運用後にパフォーマンスの問題が発覚することが少なくなく、その場合の修正コストは開発時に解決した場合の5倍近くかかると言われている。SQL Optimizer for Oracleは、開発から運用までのライフサイクルを通してそのようなパフォーマンス劣化のリスクを軽減させることが可能」と述べている。

 SQL Optimizer for Oracleは主な機能として、抽出したSQL文と実行計画から問題のあるSQLを分析する「Scan SQL」機能、SQL文の書き換え候補を多数自動生成し実行速度とともに最適な代替案を提案する「Optimize SQL」機能、運用中のシステムにインデックスを追加することによる影響を仮想的に分析できる「Analyze Impact」機能、最適なインデックスを提案する「Advise Indexes」機能等を備えている。バージョン7.5では新機能として、Unicodeと64ビットWindowsのサポートが追加された。

 同じ結果を返すSQLの実行計画が、総当りのような形で指定した数だけリストアップされ、「IN述語の代わりにEXISTS述語を用いる」といった提案が行われるため、これまで専門家による経験と勘が頼りだったSQLチューニングのコストを削減しつつ、様々なパターンをテストしたという運用前の安心感にも繋がるだろう。

 OSはWindows 2000/2003/XP/Vista/2008、データベースはOracle 8.1.7/9i/10g/11gに対応している。価格は税別324,000円(シートライセンス)。

 
【関連リンク】
SQL Optimizer for Oracle
クエスト・ソフトウェア株式会社

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/4671 2009/12/02 11:25

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング