Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Google、DNSプロトコルの拡張を提案
クライアントに近いIPアドレスを正確に判断

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/01/28 19:32

 米Googleは27日(現地時間)、米ドメイン管理大手のNeuStar UltraDNSと共同で、DNSプロトコルの拡張をIETFに提案した。

ネットワーク上でクライアントにより近い位置にあるサーバの情報を返すため、DNSリクエスト内にクライアントのIPアドレス情報を含めることを可能にするというもの。

 Googleの公式ブログによると、DNSではトラフィックのロードバランス目的やユーザーをより近いサーバに誘導するため、クライアントの場所に応じて異なるIPアドレスを返すことがあるとのこと。現在、IPアドレス情報を持っているDNSコンテンツサーバは、DNSリクエストのソースIPアドレスで、これを判断しているようだ。

 しかし、DNSでは、ISPやGoogle Public DNSのようなサードパーティのリゾルバ(DNSキャッシュサーバ)を経て再帰探索されるため、リクエストのソースは必ずしもクライアントに近いIPアドレスではないとしている。

 この問題を解決するため、GoogleとNeuStarによるインターネットドラフト「Client IP information in DNS requests(draft-vandergaast-edns-client-ip-00)」では、RFC2671「Extension Mechanisms for DNS(DNS用拡張メカニズム)」に定義された「EDNS0」オプションを用いて、クライアントのIPアドレスをDNSメッセージ内に含めることを提案している。

 このドラフトはIETFのDNS Extensions(dnsext)ワーキンググループで議論されており、Googleでは、数か月後にインターネット標準に取り入れられるのではないかと見ている。

 
【関連リンク】
Google Code Blog: A proposal to extend the DNS protocol
Client IP information in DNS requests

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5